せんべいが湿気る理由は何?なぜ食感がモサモサして美味しくなくなるの?

おせんべい

買ってきたせんべいが湿気ってしまって、おいしくなくなってしまったって経験誰もが一度はありますよね。

この前、私もおせんべいを湿気らせてしまったんですが、そもそもどうしておせんべいは湿気るのか、その理由が気になっちゃいました。

そこで、今回はせんべいが湿気る理由について、考えてみたいと思います!

せんべいが湿気る理由とは?

せんべいが湿気る理由なんですが、これはやはり、せんべい自体が乾燥していて、水分が全然含まれていない食べ物だからです。

せんべいに限らず、乾いている物質は水分を吸収しやすいですし、濡れている物質はそれ以上水分を吸収しないですよね。

おせんべいはもともと水分が少ない食べ物なので、空気中に含まれる水分も吸収しやすく、それによっておせんべいが湿気ってしまうんです。

おせんべい以外にも、クッキーとかビスケットとかも同じ理由で、どうしても空気中の水分を吸収しやすい性質があるので、湿気ってしまうんですよね~

スポンサードリンク

せんべいに小さな穴やスキマが開いているのも湿気る原因に!

また、せんべい自体をよく見てみると、小さな穴とかスキマがたくさんありますよね。
このように、おせんべいの中にはまるでスポンジのような小さな空間ができているんです。

こういった構造も水分を吸収しやすい理由で、まるでスポンジのようにぐんぐん水分を吸収しやすいという特徴があるんです。

せんべいを湿気らせないためには乾燥させることがポイント!

このように、おせんべいはそもそもとして湿気りやすい性質を持った食べ物なので、湿気らせないためには空気中の水分に触れさせないように乾燥させることがポイントになってきます。

保存するときには、一緒に乾燥剤を入れて保管したり、冷蔵庫の中のような比較的湿度が低い場所におせんべいを保管するのも効果的です。

また、もしも湿気ってしまった場合には、電子レンジやオーブンで少し温めると、水分を少し飛ばして元に近い状態に戻すことができるので、湿気ってしまった時にはちょっと加熱するようにするといいですよ~

詳しくは、こちらの記事にも湿気らせないポイントをまとめているので、よかったら参考にしていただけると嬉しいです!

せんべいの保存はジップロックなどの容器だと湿気る?パリパリを保つ方法は?

まとめ

おせんべいは、もともと水分が少ない上に、スポンジのような小さな穴やスキマが多い食べ物であるため、どうしても空気中の水分を吸収しやすいために、湿気りやすかったんですね~

湿気らせないためには、乾燥剤を一緒に入れるなど、おせんべいの周囲を乾燥させることがポイントになってきます。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました