sendのトラフィック制限が出る原因や対処方法は?どうすれば無くせる?

アプリ

sendを使っていると、
『トラフィック制限を越えましたのでダウンロードできません。』
というエラー表示が出てきてダウンロードできなくなっちゃうことありますよね。

そもそも、トラフィック制限って何なのかもわからないですし、どうやったらダウンロードできるようになるのかも気になるところです。

そこで今回は、sendのトラフィック制限が出る原因や対処方法について考えていきたいと思います!

sendのトラフィック制限が出る原因や対処方法は?

sendのトラフィック制限ってどうして出てきてしまうんでしょうか?

全然わからなかったので調べてみたところ、sendさんが次のようにツイートしていました!

このように、トラフィック制限が出る原因って、サーバーの環境やサービスの質を維持するための措置だったということなんですね。

確かに、アクセスが集まりすぎてしまうとサーバーに負荷がかかっちゃってサービスの提供に支障が出るから制限をするということなんですね。

つまり、ダウンロードしようとする人が多すぎるリンクについては制限がかかってしまうということみたいです。

そこで対処方法なんですが、このsendさんのツイートにあるように、共有する側の方がファイルを再アップロードして新しいリンクを作成する必要があるようです。

制限がかかってしまっているリンクはダウンロードするのがかなり大変そうですから、新しいリンクを作ってもらうのが一番ということなんですね。

共有者の人に対して状況を話して、新たにリンクを作成してもらうことでダウンロードできるようにしてもらえばOKってことみたいです。

スポンサードリンク

sendの共有リンクを複数作っても制限がかかる場合は?

制限がかかることへの対処として、sendの共有リンクを複数作成しても、それでも制限がかかってしまう場合もあるようです。

複数作ったすべてのリンクにアクセスが集中してしまっているということなんですね。

これに対して、次のようなツイートも見かけました。

たしかに、一番手っ取り早いのは自分だけのリンクを送ってもらうことですね。

これなら確実にダウンロードできそうなので、場合によっては相手の方にお願いしてみるのもよさそうですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました