『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』って何?

アプリ

先日、インスタから『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』という通知が来ました。

ブランドコンテンツツールって何??

と疑問に感じたんですよね。

『利用できなくなりました』という表現だったので、よくわからないけれど何となく損したような気分になってしまって、余計に気になってしまいました。

そこで今回は、『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』という表示の意味や、通知が来た時の対処方法について考えていきたいと思います!

スポンサードリンク

『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』って何?

まずそもそもとして、『ブランドコンテンツツール』というのが意味不明ですよね。

私以外にもたくさんの人に今回の通知が来ているようです。

私もどういうものなのかわからなかったので調べてみたんですが、どうやらこれは、企業がインスタで広告を出すときの仕組みみたいです。

広告を出している企業が、インフルエンサーに宣伝を依頼することがありますが、以前はインフルエンサーの投稿が広告なのか普通の投稿なのかわかりにくかったようです。

インフルエンサーの投稿を見る側からしたら、広告として投稿しているのか、普通の投稿なのかがわからなかったので、『もしかしてステマ?』みたいな勘違いをされてしまうこともあったようです。

そこで導入されたのがブランドコンテンツツールというもので、これによってインフルエンサーの投稿が、広告なのか普通の投稿なのかを見分けることができるようになりました。

さらに企業側ではこのツールを活用することによって、インフルエンサーの登録をしたり、インフルエンサーの投稿にどれくらいの広告効果があったのかを測定することができるようになったそうです。

つまり、『ブランドコンテンツツール』私のようなフツーの人にはあまり関係がなく、広告を打ち出すような企業などが活用するツールだったということですね。

『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』と表示されたときの対処方法は?

普通にインスタを使っているだけなら、正直言ってブランドコンテンツツールを使うってことはないんじゃないかなと思います。

ということは、今回の『Instagramのブランドコンテンツツールを利用できなくなりました』という通知もあまり気にする必要はなさそうですね。

使えなくなったところでこれといった不具合もないですし、今回の通知はそのままスルーしちゃって問題なさそうです。

『利用できなくなりました』と言われると、何か問題があったのかなと不安になってしまいますが、特に気にする必要はなさそうですね。

ちなみに、ブランドコンテンツツールを使用するためには『対象規定』というものに従う必要があるらしく、アカウントの期間とかフォロワー数が要件として決められているようです。

これに該当しないアカウントに対して一斉に通知が来ている状況だと考えられますね。

広告を検討している企業であれば困ってしまう案件かもしれませんが、普通にインスタ使う分には特に問題なさそうなので、そのままスルーしちゃいましょう!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました