IE「従来バージョンのTwitter.comが表示されています」って何?

アプリ
スポンサードリンク

いつものようにTwitterを見ていたら、

『従来のバージョンのtwitter.comが表示されています。このサイトは2020年6月1日に閉鎖されます。
サポートされているブラウザに切り替えるか、ご利用のブラウザの情報を隠す拡張機能を無効にしてください。』

という謎のエラーメッセージが表示されました。

見たことがなかったエラーなので、一瞬どういう意味なのか分からなかったんですよね。

そこで今回はIE(インターネットエクスプローラー)を使ってTwitterを見ていた時に出てきたエラー表示への対処方法について考えていきたいと思います。

IE「従来バージョンのTwitter.comが表示されています」って何?

これなんですが、IE(インターネットエクスプローラー)自体が古いブラウザとなっていて、今後はTwitterをはじめ、セキュリティサポートとかが終わってしまっていることが原因みたいです。

今後はインターネットエクスプローラーでウェブサイトを閲覧するのではなく、ほかのブラウザを使っていく必要があるということなんですね。

例えば、Edgeとか、Google Chromeとか、Fire Foxなどのように、IE以外のブラウザを使っていくことが推奨されているようです。

今回のTwitterの画面で出てきたエラーである、

スポンサードリンク

『従来のバージョンのtwitter.comが表示されています。このサイトは2020年6月1日に閉鎖されます。
サポートされているブラウザに切り替えるか、ご利用のブラウザの情報を隠す拡張機能を無効にしてください。』

というのも、サポートされている他のブラウザを使ってくださいねということみたいです。

この機会に、IEではなく別のブラウザを使うようにした方が良さそうですね。

拡張機能を使っている人にもエラー表示が!

ところで、ブラウザの拡張機能を使ってTwitterを旧表示で使っている人のところにも同じようなエラーが出てきているようです。

確かに、新しいTwitterの画面って、正直ちょっと使いにくいなって感じますよね。

私もまだ新しい画面に慣れていないんですが、そういう人向けに拡張機能で旧表示に切り替えることもできるみたいなんです。

ただ、その拡張機能を使っている人たちの所にも今回のエラー表示が出てきているみたいなので、今後はやはり新しい画面表示に慣れていかないといけない感じがしますね。

使っていくうちにだんだんと使いやすくなっていくかなと思うので、慣れるまでは頑張ってみようと思います!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました