IHの土鍋も割れる?破損やヒビを予防する方法や使い方の注意点は?

料理

突然ですが、土鍋って使っているうちに割れちゃうことがありますよね。

うちではIH用の土鍋も使っているんですが、IH対応の土鍋も割れるものなのかと、ふと
疑間に感じたんです。

ということで今回は、IH対応の土鍋も割れるのか?
破損してしまうのを防ぐにはどういうことに気を付ければよいのかについて考えていきた
いと思います!

IHの土鍋も割れる?原因や対処方法は?

どうやら、IH対応の土鍋も使い方が適切でないと割れることがあるようです。

その原因について1つ1つ見ていきましょう。

強火による加熱などの急激な温度変化

土鍋はもともと、急激な温度変化に弱いという特徴を持っています。

IH対応の土鍋も同じで、強火で急激に加熱したり、逆にアツアツになった高温の状態から、冷たい水などによって急冷することも土鍋が割れる原因になってしまいます。

そのため、土鍋を使って料理するときは、いきなり強火で加熱せずに、中火か弱火で加熱していくようにしましょう。

土鍋の空だき

土鍋に食材や水などが入っていない状態で空だきをしてしまうと、土鍋自体の温度が上がってひび割れが起こりやすくなります。

空だきや、それに近い状態で調理してしまうと、土鍋が割れてしまう原因につながりかねないので、絶対に空だきは行わないようにしましょう。

強い衝撃などの物理的な損傷

思いっきり固いものにぶつけてしまったり、勢いよく台の上やIHの上などに鍋を置いてしまうと、衝撃によってひび割れたり破損してしまうことも十分に考えられます。

ただでさえ土鍋は重さがあるので注意が必要なんですが、鍋の中身が入っている状態だと、なおさら重さが増してしまうため、より注意する必要が出てきます。

アルミ製の土鍋を使うという手段もアリ!

土鍋が割れるのを防ぐためには、割れない土鍋を使うという方法もありなのかなと思います。

これを土鍋と呼んでいいのかどうかはわかりませんが、アルミ製の土鍋というのも販売されているようです。

これなら割ることなく使うことができそうですね!
今度購入するときには、こういうアルミ製の土鍋なども検討してみようかなと思います。

まとめ

IH対応の土鍋が割れてしまう原因も、普通の土鍋と同じで、急激な温度変化や空焚き、物理的な衝撃などが考えられます。

これを防ぐためにも、固いものにぶつけたりしないように気を付けつつ、中火から弱火でじっくり加熱をするようにするのがポイントになってきそうですね。

あるいは、最初からアルミでできた土鍋を使うという方法もありですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました