IHだとフライパンが曲がる!歪みや変形の原因や対処方法は?

料理

IHを使っていて、何だかフライパンが曲がることってありますよね。

最初の時に比べると、明らかに変形していて歪んでいるというか、曲がってしまっているんですが、どうしてこのように形が変わってしまうのでしょうか?

今回は、IHを使っていてフライパンが曲がる原因や、歪みなどへの対処方法について考えていきたいと思います!

IHだとフライパンが曲がる原因は?

IHクッキングヒーターを使っていて、フライパンが曲がってしまうことってけっこうあるみたいなんです。

どうしてフライパンが曲がるのかというと、一番の原因は強火による加熱や空焚きなんです。

ガスコンロの場合は、直火によってフライパン全体を加熱することができるんですが、IHの場合は、どうしても部分的にしか加熱することができません。

IHは、円状に加熱するコイルが設置されているので、フライパンも円に接している部分から加熱されているんですが、円の内側と外側でどうしても温度差が生じやすくなってしまうために、金属が変形してしまうんですね。

中火や弱火で加熱していれば、比較的温度差も少なくなるため変形しにくくなるんですが、強火による加熱だったり、空焚きの時間が長かったりすると、どうしても変形しやすくなってしまうんですね。

IHでフライパンが歪むのを防ぐポイントは?

IHを使っていてフライパンが変形してしまうのは、強火による加熱や空焚きによる温度差がなどが原因でした。

そのため、IHでフライパンを変形させないようにするためには、中火以下の温度設定で加熱し、空焚きを行わないようにすることが重要です。

基本的に中火から弱火で加熱するようにすれば、フライパンの金属が歪んだり変形したりするほどの温度にはなりにくくなります。

ただ、中火以下でも空焚きをし続けていると、どうしての部分的に温度が高くなってしまって曲がりやすくなってしまいます。

フライパンを予熱する時間をできるだけ短くし、できるだけ早いタイミングで油をひいたり、食材を投入するようにしましょう。

最近は、あえて予熱をせずに冷たい状態のフライパンから調理を行うことができるレシピも登場しているので、フライパンを熱しすぎないように工夫すると、曲がることなく長く使うことができるかなと思います。

まとめ

IHを使っていてフライパンが曲がるのは、強火での加熱や空焚きが原因でした。

中火以下の火力でお料理するようにして、空焚きにならないように早めに食材等をフライパンの中に入れれば、部分的に高温になって歪みや曲がりが生じるのを防ぐことができるので、あまり高温にしないことがポイントになってきますね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました