パスポートの5年と10年はどっちが多い?メリットからどっちがいいかを考察!

旅行
スポンサードリンク

パスポートって、5年間有効なものと、10年間有効なものの2種類がありますよね。

初めて申請するときに、どっちで申請したほうがいいのかわからず、ちょっと迷っちゃいました。

ほかの人たちは5年と10年のどっちが多いのかも気になったんですよね。

そこで今回は、パスポートの5年と10年はどっちが多いのか、それぞれのメリットから、どっちがいいのかについて考えていきたいと思います!

パスポートの5年と10年はどっちが多い?

世間一般的に、皆さんはパスポートを5年と10年のどっちで取得しているのでしょうか?

どっちが多いのか調べるために、外務省が出している「旅券統計」という統計資料を見てみました!

すると、圧倒的に10年のパスポートのほうが多いことがわかりました!

令和2年2月に外務省領事局旅券課が出している旅券統計(平成31年1月から令和元年12月)によると、一般旅券の有効旅券数が、全部で30,225,171件ということで、約3000万もの有効な一般旅券があるんですね。

このうち、5年旅券は7,791,782件、10年旅券は22,433,389件という結果になっています。

割合で考えると、5年間のパスポートがおよそ25%で、10年間のパスポートが約75%という結果になっていますね

このように、全体でみてみると、かなり多くの人が10年間のパスポートを取得しているということが分かります。

パスポートの5年と10年ならどっちがいい?それぞれのメリットは?

統計的には、10年のパスポートをとっている人のほうが多いということが分かりましたが、実際のところ、5年と10年のどっちがいいんでしょうか?

それぞれ違いから、メリットについて考えていきたいと思います。

申請手数料の違い

5年間有効なパスポートでは申請手数料が11,000円かかり、10年間有効なパスポートでは、16,000円の手数料が必要になります。

金額だけを単純に比較すると、5年間のパスポートの方が安いので、1回だけ海外に行って、それ以降はあまり行く予定がないという人などは、とりあえずは5年間のパスポートで十分なのかなと思います。

これが、仕事で海外に行くことが多いとか、毎年海外旅行に行くのが恒例になっているなどという場合は、10年間のパスポートにしておいたほうがコスパがよさそうですね。

5年間のパスポートを更新する場合も、切替申請といって、新しくパスポートを取得するときと同じ金額がかかってしまうので、10年間で22,000円かかってしまうということになっちゃうんですよね。

スポンサードリンク

その点、最初から10年間のパスポートにしておけば、16,000円で申請することができるので、結果的に安くなります。

海外に出かける頻度によって、5年にするか10年にするかを選ぶとよさそうですね。

パスポートのページ数の違い

5年有効なパスポートと10年有効なパスポートとでは、スタンプをついてもらうページ数も異なります。

5年の場合は28ページで、10年の場合は44ページなんですよね。

もしもページがいっぱいになってしまった場合は、5年も10年もどちらも40ページを追加することができますが、手数料として2,500円かかってしまうんです。

そもそもとして、28ページでは足りないくらい海外に行く頻度が高い方であれば、5年後以降も海外に行く可能性あると思いますし、たくさんスタンプをついてもらう可能性があるなら、最初から10年間のパスポートを取得しておいたほうがよさそうですね。

逆に、ほとんど海外に行く予定がないのであれば、5年間のもので十分だと思います。

結婚等による本籍地や氏名の変更がある場合は5年がおすすめ!

もしも、近いうちに結婚等の理由によって、本籍地の都道府県が変わったり、氏名が変更になる可能性があるという場合は、5年間のパスポートにしておくことをお勧めします!

というのも、本籍地の都道府県が変わったり、氏名に変更があった場合には、新たにパスポートを取り直さなければいけなくなってくるんです。

そのため、10年有効なパスポートを取ってから、途中で本籍地や氏名の変更があると、有効期間がまだ残っていたとしても、また新たに申請して、手数料も同額を払わなければいけなくなるということになります。

その点、5年間のパスポートにしておけば、途中で変更が生じたとしても、お金が比較的無駄になりにくいですね。

そのため、結婚等の予定があるという場合は、10年ではなく5年間のパスポートにしておくと無駄が少なくなります。

まとめ

5年のパスポートと10年のパスポートのどっちが多いのか気になっていたんですが、全体の75%近くの人が10年で取得していたなんて、けっこうびっくりしました。

考えてもみれば、10年間×1回なら16,000円で済みますけど、5年×2回だと22,000円もお金がかかっちゃうので、確かに10年で取っておいたほうが合理的な気もしますね。

ただ、そこまで海外に行く頻度が高くないという人や、結婚等の予定があるという人の場合は、5年間のパスポートを取っておいてもよさそうです。

自分にとってどっちがいいのか考えてから申請したほうがお得になりそうですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました