パスポートの5年と10年で必要な金額はいくら?費用や料金はどれくらい?

旅行
スポンサードリンク

初めての海外旅行とかだと、いろいろ準備しなければいけないものが多いですよね~

事前準備で必ず必要になってくるのがパスポートですが、申請に必要なお金ってどれくらいだったかついつい忘れちゃったりしますよね。

そこで今回は、パスポートの申請に必要な費用はどれくらいだったか、金額についてまとめていきたいと思います!

パスポートの5年と10年で必要な金額はいくら?

パスポートには5年の期間のものと10年の期間のものがありますが、それぞれの申請に必要な料金を確認していきましょう!

10年間有効なパスポートで必要な金額はいくら?

まず、10年間有効なパスポートに関しては、合計で16000円必要になります。

内訳としては、都道府県収入証紙が2000円と、収入印紙が14000円で、合計16000円ということですね、

収入印紙と収入証紙という、紛らわしいですが別々のものを購入しなければいけないので、十分に注意したいところですね。

また、10年間のパスポートは20歳以上の年齢にならないと取得することができないので、20歳未満の方は5年間のパスポートを取得するようにしましょう。

5年間有効なパスポートで必要な金額はいくら?

一方、5年間有効なパスポートの申請をするときには、年齢によって必要な金額が変わってきます。

12歳以上の場合は、合計で11000円必要になります。

スポンサードリンク

内訳としては、都道府県収入証紙が2000円と、収入印紙が9000円になります。

12歳未満の方が申請する場合は、合計で必要な金額が6000円となっており、都道府県収入証紙が同じく2000円と収入印紙が4000円という内訳になっています。

パスポートの申請手数料以外に必要な費用は?

パスポートの申請手数料以外にも、お金が必要になってくる場合があります。

まず必要になってくるのが証明写真代で、証明写真機を使用するため、数百円必要になってきます。

また、場合によっては事前に戸籍謄本・戸籍抄本や住民票の写しを用意しなければいけなくなってきます。

これらも区役所・市役所・役場等で手続きをして取得するんですが、同じく数百円必要になってくるので、パスポート申請手数料以外にも1000円から2000円近くお金が必要になってくることもあります。

まとめ

パスポートの申請に必要な金額は、10年有効なもので16000円、5年有効なもので12歳以上なら11000円、5年で12歳未満なら6000円となります。

いずれの場合も都道府県収入証紙が2000円必要になるので、合計金額から2000円引いた金額分の収入印紙を購入すればOKです。

申請窓口の近くに収入印紙や収入証紙の購入窓口が用意されていることも多いので、念のため担当の職員さんに確認してから買ったほうが間違いないですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました