消火器の詰め替えはどこでできる?新品を買ったほうがいい?

お掃除
スポンサードリンク

この前、実家に帰った時に、親から古くなった消火器の話をされたんです。

古くなってきたから詰め替えをしたほうがいいかもって話題だったんですけど、そもそも消火器の詰め替えってどこでできるのか気になったんですよね。

そこで今回は、消火器の詰め替えはどこでできるのかについて考えていきたいと思いす!

消火器の詰め替えはどこでできる?

消火器の詰め替えなんですが、最初に消火器を購入したところにお願いするのがベストです!

最初は私もホームセンターとかでサクッと作業してもらえるのかなと思っていたんですが、残念ながらホームセンターでは対応してくれていませんでした。

消火器の詰め替え作業ができるのは、「消防設備士」という資格を持った人じゃないとできないんですよね。

しかも、うちの実家にあったような家庭用の消火器って、そもそも詰め替えに対応していないみたいなんですよね。

詰め替えができるのは業務用の消火器で、家庭用のものは詰め替えができないタイプになっているようなんです。

そのため、うちで使っているものは必然的に詰め替えではなく、新しいものへの買い替えになるということなんですね。

スポンサードリンク

消火器は詰め替えではなく新しいものに交換したほうがいい?

そもそも家庭用の消火器は詰め替えできないタイプだったので交換するしかないんですが、業務用であっても、詰め替えより新しいものに交換したほうがよさそうです。

というのも、消火器の詰め替えにかかる費用と、新しいものに交換するための費用って、1000~2000円くらいしか金額が変わらないようなんです。

それなら、最初から新しいものを買ってしまったほうが、楽だし使用期間も長くなるので、そっちの方が管理しやすそうですよね。

業務用の消火器って10年間使えて、5年で詰め替えをすることになっているようなんです。

すると、購入して5年後に1度詰め替えて、さらに5年後には使えなくなるってことですよね。

一方で、5年後の詰め替えのタイミングで新しいものに買い替えれば、そこから10年間使えることになります。

それで金額がほぼ変わらないのであれば、新しいものに交換しちゃった方が合理的な感じがしますよね。

まとめ

消火器の詰め替えについてなんですが、そもそも家庭用の消火器は詰め替えできないタイプだったので、新しく交換するしかありませんでした。

業務用の場合は、消防設備士の資格を持っている業者さんにお願いすれば詰め替えてもらえますけれど、いっそのこと新しいものを買った方が楽な感じなので、交換しちゃった方が早そうですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました