TikTokの『同意して続行』は押しても大丈夫?表示の意味は?

アプリ
スポンサードリンク

最近、久しぶりにTikTokを開こうとしたら、『同意して続行』というボタンをタップするようにと表示が出てきたんですよね。

いきなりこのような表示が出てきてびっくりしちゃったんですが、この『同意して続行』ってボタンは押しても大丈夫なものなんでしょうか?

というか、押さないと先に進めない感じですし、ちょっと困っちゃったんですよね…

そこで今回は、TikTokで『同意して続行』という画面表示が出てきたときに、これをタップしても大丈夫なのかどうかについて考えていきたいと思います!

TikTokの『同意して続行』は押しても大丈夫?

まずは改めて、今回出てきた表示について見ていきたいと思います。

どうやらこの表示に戸惑っているのは私だけじゃなくて、けっこういろんな人のアカウントで出てきているみたいなんですよね。

この表示に書かれている文章は以下のとおりです。

「同意して続行」をたっぷすることにより、あなたは利用規約に同意し、プライバシーポリシーを読んでTikTokのデータの収集、使用、共有方法を確認したとみなされます。

この文章と、『同意して続行』というボタンが表示されていて、それ以外のボタンは出てきていないですね。

そこで、ネットでTikTokの利用規約について確認してみたところ、次のような一文がありました。

本規約に同意しないお客様は、本サービスへのアクセスおよび本サービスの利用をご遠慮ください。

引用:https://www.tiktok.com/legal/terms-of-service?lang=ja

スポンサードリンク

つまり、TikTokが定める利用規約に同意できない場合は、TikTokを使用することができないということですね。

当たり前と言えば当たり前なんですが、TikTokを使わせてもらう以上は、そのルールに従う必要があるってことになりますね。

ここで気になるのは、データの収集、使用、共有方法ってところなんですよね~

つい先日も、LINEの個人情報の問題がニュースに大きく取り上げられていたばかりですし、個人情報の取り扱いってやっぱり気になるところです。

そこでさらに、TikTokのプライバシーポリシーについても確認してみたところ、次のような項目がありました。

お客様の情報の共有先
当社は、クラウドストレージプロバイダなど、本プラットフォームの提供をサポートする第三者サービスプロバイダとお客様のデータを共有します。また、当社は、ビジネスパートナー、TikTokグループ会社、コンテンツモデレーション業者、測定業者、広告主、およびアナリティクスプロバイダともお客様の情報を共有します。法により要求される場合には、法執行機関または規制当局、および第三者(法的拘束力を有する裁判所の命令に基づく場合)とお客様の情報を共有します。
引用:https://www.tiktok.com/legal/privacy-policy?lang=ja

つまり、私たちのデータをTikTokの運営サポートを行っている第三者に共有することがあるということですね。

この第三者にどのような人達が含まれるのかわかりませんが、もともとTikTokって中国のByteDance社が開発運営しているサービスですし、海外に情報が共有されてしまう可能性もあるのかなと感じました。

なんだか、先日のニュースのようなことがあるとちょっと不安になっちゃいますし、少し慎重に考えたくなりますよね。

逆に言えば、これらの利用規約やプライバシーポリシーなどをしっかり確認して、それに同意できるということであれば、『同意して続行』のボタンを押しても問題ないと思います。

「同意するのはちょっと…」

という場合は、TikTok以外のアプリを使っていく必要がありますね。

私もけっこう悩んだんですが、そもそも最近TikTok使っていなかったので、この機会にTikTokやめるのも一つなのかななんて感じるようになりました。

といいつつ、実はまだ迷っているんですけどね…笑

とりあえず、『同意して続行』を押した段階で利用規約等に同意したとみなされることになるので、先に規約等に目を通しておいた方が良いのかななんて思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました