ワイシャツのインナーに黒がダメな理由は?何色の肌着がベスト?

服・ファッション
スポンサードリンク

久しぶりにワイシャツとスーツで出かけることになったんですが、ワイシャツの準備をしていた時に、そういえばインナーシャツも用意しておかないといけないなって思ったんです。

普段、Tシャツとかで生活していることが多いので、インナーシャツもちょっと久々だったんですよね。

そしたら、インナーシャツの生地が伸びてヨレヨレになってしまっていたんです。

しょうがないから無地のTシャツにしようかとも思ったんですが、無地のシャツって黒のシャツしか持っていなかったんですよね…

ワイシャツのインナーって黒でも大丈夫なんだっけってちょっと不安になってしまいました。

そこで今回は、ワイシャツのインナーに黒いシャツを使っても大丈夫なのかどうかについて確認していきたいと思います。

ワイシャツのインナーに黒はNG!ダメな理由は?

ワイシャツのインナーとして着るシャツとしては、やっぱり黒はダメみたいです。

理由はワイシャツの上から中のシャツの色が透けてしまうから…

確かに、ビシッと立派なワイシャツを着ていても、その上から色が付いたTシャツが透けて見えたりしたらみっともなく見えちゃいますもんね~

インナーシャツは上から透けないように、黒などの色が付いたシャツではなく、やはり白い色の無地の肌着にするのが基本ですね。

中には胸のあたりにワンポイントのついたシャツとかもありますが、そのようなワンポイントの柄などもワイシャツの上から透けて見えてしまうので、柄などが付いていないものを選ぶのが基本です。

ワイシャツのインナーに適した肌着は?

じゃあ結局のところどんな肌着がベストなのって話なんですが、一番適しているのは白い無地のVネックのインナーです。

こんな感じの肌着ですね↓↓

スポンサードリンク


白くて無地であるところも大切ですが、Vネックになっているところも押さえておきたいところです。

丸首のシャツの場合、ワイシャツの第一ボタンを開けている時などに少しはみ出してしまうことがあるんですよね。

ワイシャツから肌着が少し見えていると、これも相手からの印象が悪くなってしまう要因になるので、それを防ぐためにもVネックのシャツにしておいた方が間違いありません。

また、サイズもきちんとあっていなくて大きすぎるものを選んでしまうと、半そでのワイシャツを着た時に袖の部分から肌着が少し出てしまう場合もあります。

サイズも確認して用意するのが大切ですね。

まとめ

ワイシャツの中に着るインナーシャツですが、白い無地のVネックを基本に選べば間違いありません。

最近ではコンビニなどでも売っていることが多いので、急に必要になった時にはコンビニに探しに行ってみるのもアリですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました