ソファーが大きすぎた!適切なサイズや大きさはどれくらい?購入後の使い方は?

布団
スポンサードリンク

先日、久しぶりに友人とご飯を食べに言った時なんですが、その友人が新しくソファーを購入したそうなんです。

ですが、実際に家の中に入れてみたところ、あまりにも大きすぎて圧迫感がすごかったんだとか…

ソファー自体は欲しかったものだから好きなんだけど、部屋の大きさに合っていないことをちょっと後悔している感じだったんですよね。

そこで今回は、ソファーを購入するときに後悔しないよう、サイズはどれくらいがちょうどいいのか?

そして、もしも購入した後に大きすぎたと感じた時の対処方法についても考えていきたいと思います!

ソファーが大きすぎた!適切なサイズや大きさはどれくらい?

ソファーを購入してから、サイズが大きすぎたと後悔してしまわないようにするためにも、どれくらいのサイズがちょうどいいのかをあらかじめ考えておくことが大切ですよね。

サイズを決めるときのポイントや注意点を見てみたいと思います。

ソファーを搬入できるかどうか?

そもそもの問題としてなんですが、ソファーを購入した後に家の中に入れられるかどうかは非常に重要なポイントです。

買ったはいいけれど、家の中に入れられなかったら意味がないですものね…

玄関からの搬入経路のところで、どれくらいのサイズまでだったら入れることができるのか、入り口やドアの大きさを確認しておきましょう。

また、ベランダやバルコニーなどから入れる場合も、最大でどれくらいまでなのかを確認したり、お店側にも追加料金がかからないかなどを確認することが大切です。

ソファーの適正なサイズとは?

大前提である搬入できるかどうかを確認した後は、今度は部屋の中でどれくらいのサイズがちょうどいいのかについて考えていきます。

まずは、部屋の中のどの位置にソファーを置くのかを決めていきます。

多くの場合はテレビの前に置くことが多いかなと思いますが、テレビとソファーの距離が近すぎると、ゆっくりとテレビを楽しむこともできなくなってしまうので、ある程度の距離は必要になってきますね。

一般的には、テレビとソファーの距離は130cm以上は離した方が良いと言われているため、それくらいの距離を確保できるかどうかを基準に考えてみるといいのかなと思います。

また、横幅に関しては、テーブルなど他の家具とのスペースも考慮する必要があります。

スポンサードリンク

これも一般的には、家具とソファーの間に60cm程度の間隔がないと通りにくくなってしまうとされています。

もちろん、何人掛けのソファーが欲しいのかにもよりますが、あらかじめ他の家具との間を60cmほどは離して置けるように、部屋全体のレイアウトを考えてからソファー選びを行ったほうが間違いないなさそうですね。

実は私の家のソファーも、ダイニングテーブルとの距離が50cmくらいと少し狭めにしてしまっているんですが、そのせいか、時々ソファーの足に自分の足の小指をぶつけてしまって痛い思いをすることが度々あります…

このような痛い思いをしないためにも、やはり余裕を持った間隔を取れると一番ですね。

このように、テレビや他の家具との位置関係を考えつつ、ソファーには何人掛けで使うことを想定しているのかというところをはっきりさせれば、ちょうどいいサイズ感のソファーを選びやすくなるかなと思います。

購入したソファーが大きすぎた時の対処方法は?

ところで、私の友人のように、既に大きすぎるソファーを飼ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

ちなみに私の友人が購入したのは寝転がって使えるカウチソファーだったみたいなんですが、実際に部屋の中に置いてみたところ、大きすぎて圧迫感がハンパなかったみたいです。

ただ、幸いなことにソファーの一部分を切り離して使えるタイプだったみたいなので、切り離せる部分は別の部屋に移してイス代わりに使い、残ったソファーをリビングにおいて使っているそうです。

このように、ソファーの一部を切り離せるタイプであれば、別室で活用するというのもアリですよね。

何といっても、やはりソファーって高級品なので、10万円以上の値段がすることも珍しくないと思います。

それだけのものを使ったのに、狭すぎるから手放すなんて、ちょっともったいないですもんね…

我慢しながら部屋の中に設置するというのもアリですが、切り離せるようであれば、切り離して色々な活用方法を模索してみるのもいいのかなと思います。

まとめ

ということで、ソファーが大きすぎたという後悔をしないためにも、あらかじめテレビや他の家具との位置関係を確認しながら、部屋のレイアウトを決めた上でソファーを購入するようにすると失敗が少ないかなと思います。

もう既に購入した後という場合は、覚悟を決めて部屋の中で使うか、切り離せるタイプだったら、一部を別室で使うなどの工夫をすると、なんとか使っていけるのかなと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました