土鍋の蓋が割れた!修理や代用方法は?フタだけ購入はできる?

料理
スポンサードリンク

長年使っていたお気に入りの土鍋の蓋が割れたら、地味にショックですよね。

蓋だけが割れて、鍋自体は使えるという状態だと、なんとか蓋だけ修理したり交換したりして使えないものかと感じますが、実際のところ、土鍋の蓋を修理したり、ほかのもので代用することはできるのでしょうか?

ということで今回は、土鍋の蓋が割れた時の修理や代用方法などについて考えていきたいと思います!

土鍋の蓋が割れた時の修理はできる?

土鍋の蓋が割れたときの修理も行うことができるようです!

このような修理のことを『金継ぎ』というのですが、エポキシという接着剤を用いることで、簡易的な修理を行うことができます。

一般的な接着剤やボンドを使ってしまうと、調理中の高温や、食品に含まれる水分などによって、接着剤が溶け出してしまう恐れがあります。

中には、人が食べてはいけない成分が含まれている恐れもあるので、一般的な接着剤やボンド等は使用しないようにしましょう。

そこで登場するのがエポキシという接着剤なんですが、土鍋や陶器などの修理に用いられている接着剤で、250℃ ~350℃の高温にならないと溶け出さないようです。
耐熱温度は150~200℃といわれています。

土鍋で調理をする場合、150℃もの高温になることは考えにくく、おおよそ100℃前後が一般的なので、問題なく使うことができそうですね。

念のため、オーブンとかの使用は避けておいたほうがよさそうに感じますが、ガスコンロなどで使う分には大丈夫そうです。

これを使って、割れてしまった時には修理するのもアリですね!

土鍋の蓋を別のもので代用する方法は?

上記のように、割れてしまった土鍋の蓋を修理することもできますが、正直ちょっと面倒ですよね笑

スポンサードリンク

私のように修理するのが面倒くさいとか、あるいは忙しくて直している時間がないという場合は、ほかのもので代用するというのもアリだと思います。

おすすめなのは、フライパンの蓋とか、大きめのお鍋の蓋です。

これなら、土鍋にフタをすることも十分にできますし、多くのご家庭にあると思うので、代用しやすいと思います。

ただし、場合によっては土鍋の蓋のような穴が開いていないタイプもあるので、使うとき
には沸騰したときに注意が必要です。

吹きこぼれたりしやすくなってしまったり、密封されるぶん、これまでよりも早く沸騰してしまったりすることもあるので、ちょっと気を付ける必要はありますね。

土鍋の蓋だけ購入することはできる?

代用できるようなものもなく、修理するのにも時間と手間がかかるという場合は、土鍋の蓋だけ購入するというのも手段ですよね。

そもそも、土鍋の蓋だけ購入することができるのか疑問だったんですが、調べてみたところ意外にもたくさん売っているみたいです!

アマゾンや楽天市場でも販売しているので、今使っている土鍋のサイズに合った蓋だけを購入するというのもアリですね。

まとめ

土鍋の蓋だけが割れてしまったとき、長年使っていた大切なものであれば、修理して長く大切に使っていきたいですね。

ただ、修理するのが大変な場合は、とりあえずフライパンの蓋やお鍋の蓋などで代用し、蓋だけを購入するというのも全然アリだと思います。

蓋だけ割れるとショックですが、けっこういろいろな対処方法があるので、自分に合った方法で元通りにできるといいですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました