フォートナイトの生年月日入力で名前変更やフレンドが消えた時の対処方法は?

アプリ
スポンサードリンク

先ほど、フォートナイトをやろうと思ったら、画面に生年月日を入力する画面が表示されたんですよね。

見慣れない画面だけど、とりあえず設定済ませておこうと思ったんですが、生年月日じゃなくて別の日付を間違って入力しちゃったんです…

その結果、名前の表示が変わってしまったり、フレンドが消えてしまったりするなど、色々と問題が連発して困ってしまったんですよね…

そこで今回は、フォートナイトの生年月日入力によって、名前が変わってしまったりフレンドが消えてしまったり、その他にも機能制限がかかってしまった時の対処方法について調べていきたいと思います!

フォートナイトの生年月日入力で名前変更やフレンドが消えた時の対処方法は?

フォートナイトで生年月日を入力する画面が出てきてしまって、名前が変わるなどのトラブルが起こってしまった時の対処方法なんですが、結論としてはペアレンタルコントロールの設定が必要になってきます。

ペアレンタルコントロールってあまり聞いたことが無い言葉ですけど、これって要するに、保護者に設定を変更する権限を与えることで、まだ小さな子供とか、10代の若い人などを守るための機能ということなんですね。

私のように生年月日を間違ってしまった大人は、自分で設定を変更すれば問題なさそうです。

一方で、若い方で今回のようなトラブルが起きてしまった時には、一度親御さんに相談して設定を変更してもらう必要があるということなんですね。

まずは保護者のメールアドレスを入力する

ということで、ここからはさらに具体的な対処方法についてなんですが、まずは保護者の方のメールアドレスを用意する必要があります。

生年月日を入力した後の画面で、保護者の方のメールアドレスを入力する画面が表示されるので、そこにメールアドレスを入力していきます。

もしも、入力したメールアドレスが間違っていた場合には、ゲーム画面のメニューのうち、ペアレンタルコントロールのところから、登録したメールアドレスを編集することができるようになっているので、そちらから確認してみてください。

ちなみに、このメニュー画面のところから、確認用のメールを再送することもできるようになっています。

届いたメールを確認する

登録したメールアドレスに、EPIC GAMESからメールが届いているので、メール内に記載されている「継続する」というボタンをタップします。

すると、公式サイトが開くので、利用規約を確認していきます。

規約に同意すると、子供がフォートナイトで遊ぶ場合の設定を変更する画面が出てくるので、ここで設定を変えていきます。

子供がEpic Gamesのアカウントにログインできるようにする設定もここから進められるようになっていますし、それ以外にも、チャットを行える相手をフレンドだけに限定したり、チームメイトを含んだりすることもできるようになっています。

設定を変更した後は、保護者が成人であることの認証を求められるので、「顔のスキャン」か「クレジットカード等の登録」または「本人確認書類のスキャン」を行って、成人であることの認証を済ませます。

これによって、ペアレンタルコントロールの設定は完了です!

登録したメールアドレスに、認証完了の連絡が届き、PINコードも送られてくるので、このPINコードを忘れないように保存しておくようにしておくと良いですね。

スポンサードリンク

再起動して詳細な設定を変更する

ペアレンタルコントロールの設定が完了したら、一度ゲームを再起動して、ペアレンタルコントロールの部分に送られてきたPINコードを入力します。

すると、フレンドを追加する際の暗証番号の有無や、ボイスチャットを行える範囲などといった設定も変更できるようになるので、必要に応じてこれらの設定も変えていきます。

もちろん、これは若い方を守るための機能なので、必要な制限は残しておいた方が良いのかなとは思います。

ディスプレイネームを変更する

最初に設定した生年月日から計算される年齢が一定以下の場合、強制的に名前も変更されてしまうんですよね…

これを元に戻すためには、公式サイトから一度ログインをして、「アカウント設定」の画面からディスプレイネームを変更することで元に戻すことができます。

生年月日を入力したために、名前が意味不明な文字列になってしまった場合などは、この機能を使って名前を設定し直してみてくださいね。

フォートナイトの生年月日入力が表示される原因や理由は?

今回のフォートナイトの生年月日入力画面ですが、この画面が表示された理由は、やはりゲームをプレイするお子さんや若い人を保護することが目的です。

Epic Gamesの公式サイトの方でも発表されていて、2022年12月7日(米国時間)から、「機能限定アカウント」というのが導入されるようになったために、生年月日の入力が求められるようになったんですね。

この画面が表示されるタイミングは人によって違うみたいですが、既にけっこう多くの人が同じ画面が出てきているようです↓↓

このように、けっこう多くの人が同じ状態で困っている状況のようですね…

私たちからすると突然の変更のように感じられたので、びっくりしちゃう人が続出するのもわかる気がします…

どうしたらいいのかわからなくて戸惑ってしまいますが、ペアレンタルコントロールから設定を戻していくことができるので、少しずつ設定を戻していきたいところですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました