Zoomで1対1のミーティングに時間制限はある?40分で切れてしまう原因は?

アプリ
スポンサードリンク

Zoomを使って仕事の打ち合わせをしたり、プライベートな連絡を取るという人も最近は増えてきているのかなと思います。

無料で使うこともできて便利なZ00mですが、相手と1対1でミーティングを行う時には時間制限などはあるのでしょうか?

ということで今回は、Zoomで1対1のミーティングを行うときの時間制限について確認していきたいと思います!

Zoomで1対1のミーティングに時間制限はある?

Zoomを使った1対1のミーティングですが、無料版であっても時間制限なしで使うことができます!

Zoomには無料版のライセンスと有料版のライセンスがあるんですが、無料版の場合はミーティングの時間に40分の時間制限が設けられているんですよね。

ただ、1対1のミーティングを行う場合は40分の時間制限に縛られずに制限なしで利用することが可能なんですよね。

会社での会議とか、取引先との打ち合わせなどで3人以上でミーティングを行う時には40分の時間制限がついてしまいますが、小規模な打ち合わせとか、プライベートなどで個人的に話をするくらいであれば、無料版でも問題なく使用することができるということですね!

Zoomの1対1のミーティングなのに40分の時間制限が発生する原因や理由は?

上記のように、基本的にZoomは1対1のミーティングなら時間制限なしで無料で使用することができるんですが、ときどき1対1にも関わらず40分の時間制限が適用されてしまうことがあるみたいなんです。

私の友人もその経験があるらしく、1対1で話していたのに、40分で接続が切れてしまったらしいんですよね。

無料版でも1対1なら時間無制限のはずなんですが、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

これについて調べてみたところ、どうやらネット回線が不安定な時に起こってしまいやすいようです。

スポンサードリンク

ネット回線が不安定で、一度接続が切れてしまった時に再度接続しなおすと、再接続した人が3人目という扱いになってしまうことがあり、これが原因で1対1のミーティングではないと判断されてしまうから40分の時間制限が発生してしまうということなんですね。

一度ミーティング自体を終了させて、再度入りなおすようにすれば問題なく時間無制限で使うことができるので、回線が不安定で接続が切れてしまった時には、このように対処すると40分の制限に縛られずに使用することができそうですね。

Zoomのミーティング途中で人数が変更になる場合も注意が必要!

Zoomのミーティングを行っている途中で人数が変更になる場合も少し注意が必要です。

例えば、最初3人以上の人数で打ち合わせを始めて、途中で何人かが抜け、最終的に1対1で話をするという場合も40分の時間制限が適用されます。

最終的には1対1になっているので時間無制限になりそうな気もしますが、最初に始めた段階で3人以上だったので、途中で人数が少なくなって2人だけになったとしても、やはり開始時から40分で切れてしまいます。

逆に、開始時に2人でスタートしたとしても、途中で誰かが加わって3人以上になった場合、人数が3人以上になった段階で40分の時間制限がかかるようになります。

このように、感覚的には1対1だったとしても、3人以上になるタイミングが少しでもあれば40分の時間制限がかかってしまうということだったんですね。

まとめ

以上のように、Zoomで1対1のミーティングを行う場合、無料版でも原則としては時間制限なしで使用することができます。

しかし、回線が不安定で再接続したときには、再接続した人が3人目としてカウントされてしまって40分の時間制限が適用されてしまうケースもあるので注意が必要ですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました