ティッシュをトイレに流してしまったら詰まる?確率や対処方法は?

ティッシュ

ついうっかりティッシュをトイレに流してしまった!
なんて状況になると、地味に焦りますよね~

「もしかして詰まってしまうんじゃ…?」

みたいな感じで、どれくらいの確率で詰まっちゃうんだろうって心配になったり、実際に詰まってしまって、どうしたらいいのかわからずに戸惑ってしまうこともあるかと思います。

そこで今回は、うっかりティッシュをトイレに流してしまったときの対処方法について考えていきたいと思います!

ティッシュをトイレに流してしまったら詰まる?確率は?

ティッシュをトイレに流してしまったら、どれくらいの確率で詰まるんだろうって不安になるのは私だけでしょうか…?

ただ、どれくらいの確率でティッシュがトイレに詰まってしまうのかというのは、よくよく考えたら一概には言えないですもんね。

1~2枚くらいの少量のティッシュであれば詰まらずに流れてくれる可能性もありますし、トイレ自体が水流が弱かったりして詰まりやすい構造だったりすると、詰まってしまう確率も高くなってしまいます。

もちろん、流してしまったティッシュの量が多ければ、当然、トイレが詰まってしまう確率も高くなってしまいますね。

実際のところ、トイレにティッシュを流してしまったからといって、詰まってしまうかどうかはわからないところです。

そのため、もしもトイレにティッシュを流してしまったときは、少し様子を見る必要がありますね。

スポンサードリンク

ティッシュをトイレに流して詰まってしまったときの対処方法は?

もしも、ティッシュによってトイレが詰まってしまったときには、ラバーカップ(すっぽん)を使ってつまりの原因であるティッシュを取り除くのが一番です!

ただ、自宅にはラバーカップを置いていないという場合も多いですよね。

ラバーカップや道具なしでもトイレのつまりを解消する方法については、こちらの記事にもまとめているので、よかったらご覧ください!

トイレつまりがスッポンでも治らない時や道具なしの時の対処方法は?

流してしまったティッシュの量が少量の時は少し様子を見てもOK!

もしも流してしまったティッシュの量が少ない場合には、そのまま少し時間をおいて様子を見るという手段もあります。

そもそも、ティッシュによってトイレが詰まってしまいやすいのは、トイレットペーパーとは違ってティッシュが水によって分解しにくいという特徴を持っているからなんです。

ただ、分解しにくいとはいっても、多少は水に浸っているうちに部分的に繊維がほどけてきて、詰まりが解消されるケースもあるので、本当に少しの量の場合はちょっと様子を見てみて、やはり詰まりが解消されないようなときは道具などをつかって対処するという方法もありますね。

まとめ

ティッシュをトイレに流してしまったからといって、必ずしもトイレが詰まってしまうわけではありませんが、ティッシュの量が多かったり、トイレの構造などによっては詰まってしまう確率が高くなってしまう場合もあります。

少量のティッシュを流してしまっただけであれば、少し様子を見ておくこともできなくはないですが、詰まってしまった場合はラバーカップを使って詰まりを解消させるのがベストですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました