ワイシャツの襟汚れを毎日洗うのは面倒!漂白剤のオキシクリーンで一気に落とす!

服・ファッション
スポンサードリンク

ワイシャツの襟って、けっこう汚れが貯まりやすい部分ですよね。

放置すると黄ばみや黒ずみの汚れになっちゃいますし、できれば毎日の洗濯できれいに汚れを落とせれば予防できるのかなとも思うんですが、正直言って毎日のお洗濯で襟とか脇とかの汚れが付きやすい所を毎回洗ってから洗濯機というのもかなり面倒ですよね。

やっぱり、汚れがちょっと目立ってきたら一気に落としちゃうって方が現実的なのかなって感じがします。

そこで今回は、ワイシャツの襟汚れを一気に落とす方法について考えていきたいと思います!

スポンサードリンク

ワイシャツの襟汚れを毎日洗うのは面倒!漂白剤のオキシクリーンで一気に落とす!

ワイシャツの襟汚れがそもそもつかないようにするために、本当なら毎日のお洗濯の時に襟の部分を優しくもみ洗いしてから洗濯機に入れたほうがいいのかなって思うことも多いんですが、これってかなり面倒ですよね。

ということで、一番簡単な方法は、やっぱり汚れが目立ってきたときに一気に落としちゃう方法がベストなのかなって感じました。

そこで、一発で落とすならどの方法がいいのかなって調べてみたところ、どうやらオキシクリーンがけっこう簡単そうだったんですよね。

オキシクリーンってこちらの漂白剤です↓↓


スポンサードリンク

やり方もめちゃくちゃ簡単で、40℃のお湯を用意して、そこにオキシクリーンを溶かして30分つけおき洗いをするだけ。

本当にこれだけでワイシャツの襟についた汚れが一発できれいに落ちちゃったんです。

ポイントは、40度のお湯ですね!

水だとなかなか襟の汚れを落とすことが難しいんですが、40℃くらいのぬるま湯でつけおき洗いすることによって、汚れを浮かせて分解しやすくなるんですよね。

オキシクリーンでつけおき洗いすることをオキシ漬けっていうみたいなんですが、オキシ漬けをするときには40~60℃のお湯を使ってくださいって取り扱い説明のところにも書いてあったんです。

オキシクリーンの公式がこのようにいっているので、やはりお湯を使ったつけおきがベストですね。

冬場とかはつけおきしている間にお湯の温度が下がってきやすいのかなと思いますので、少し熱めの50~60℃くらいのお湯を用意してからつけおきしてもいいのかなって思います。

つけおき時間は私のワイシャツで試してみたところ30分くらいで十分でした。

かなり頑固な汚れになってしまっている場合は、1~2時間くらいつけおきをしてもいいかもしれませんね。

製品のパッケージに書いてある説明だと、20分から6時間くらいつけおいてくださいと書いてあるので、汚れがひどい時には少し長めにつけおきしてもいいのかなって感じですね。

まとめ

ワイシャツの襟汚れを強力に落とすのにはオキシクリーンを使ったオキシ漬けがなかなか効果的だなって感じました。

これなら多少目立ってきたワイシャツの襟汚れも一発で落とせちゃうので、ときどき気合を入れてオキシ漬けをして、普段は普通にお洗濯する感じでいいのかなって思いました。

毎日の洗濯の中で、襟とかを重点的に洗うのってかなり面倒ですもんね~

これならあまり手間をかけずに汚れ対策ができるのかなと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました