ソファーの寿命はどれくらい?ニトリで買い換えるタイミングは?

布団
スポンサードリンク

ソファーって長く使っていると、だんだんクッションがへこんできて見た目や座り心地も悪くなってきてしまいますよね。

ちなみに今使っているソファーはニトリで購入したものなんですが、使おうと思えばまだまだ使えますし、どれくらいがソファーの寿命なのかなって気になったんです。

そこで今回は、ソファーの寿命はどれくらいで、買い替えのタイミングはいつなのかについて考えていきたいと思います!

ソファーの寿命はどれくらい?ニトリで買い換えるタイミングは?

ソファーの寿命なんですが、一言にソファーと言っても様々な種類のものがあって、その種類によっても寿命がけっこう違うみたいなんですよね。

そこで、ソファーの種類ごとに寿命がどれくらいなのか見ていきたいと思います。

布製ソファーの寿命は5年くらい

まずは布製のソファーなんですが、布製のソファーは寿命が5年程度であることが多いようです。

布製のソファーのことをファブリックというらしく、材質としては綿、ウール、アクリル、ポリエステルなどが使われています。

これらの材質で出来たソファーは長い間使うことによって毛玉ができてしまったり、日差しによって色褪せてしまたり、場合によっては破れてしまったりすることもあります。

使っていて単純にへこんだだけとかであればまだ使えるのかなと思いますが、破れたりしてボロボロになっちゃうとさすがに寿命なのかなと思います。

普通に使う分には5年以上持ちそうなんですけど、ペットを飼っていたりとか、まだ小さなお子さんがいたりすると劣化が早くなってしまうこともあるようです。

実際、私の家でも猫を飼っているんですが、猫がソファーのクッションで爪を研いでしまって、けっこうすぐにボロボロになっちゃうんですよね…

まだまだ長く使いたいと思いますが、このペースでガリガリと爪とぎをされると5年以内に寿命を迎えてしまうかもしれません…

布製ソファーは比較的値段も安いので、5年おきに買い替えるくらいの気持ちでいてもいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

合皮のソファーの寿命は7~8年くらい

合皮で出来たソファーの場合は、布製のソファーよりも丈夫で長持ちすることが多く、一般的には寿命は7~8年くらいと言われています。

ひっかき傷にも強くて丈夫なんですが、ずっと使っているうちに表面に小さな日々のようなものが入って、表面がぽろぽろと剥がれてきちゃったりするんですよね。

普段座っている位置など、体重がかかる部分は特に表面がはがれやすくなっちゃいますね。

また、小さなお子さんが座面のところでジャンプして遊んだりすると、やはり劣化を速めてしまうことになります。

使い方次第な部分もありますが、普通に使う分には7~8年ほどは持ってくれるんですね。

本革のソファーの寿命は10年以上!

本革のソファーは値段も高くて、個人的にはなかなか購入に踏み切れないのですが、値段が高いだけあって寿命も長く、10年以上しっかりと使うことができます。

ちゃんとお手入れして使えば、20年とか30年たってもまだまだ使えるということもあるようですね。

やはり、このお手入れが非常に重要なポイントで、本革専用のクリーナーを使ってお掃除しつつ、メンテナンス用のクリームを塗るのが長持ちさせる秘訣になってくるですね。

メンテナンスをしていないと、4~5年くらいで表面がガサガサしてきてしまったりするんですが、ちゃんとお手入れすることで10年以上長く使い続けることができます。

値段とメンテナンスの手間はありますが、その分長く使えるのが本革のソファーの魅力の1つになっているんですね。

まとめ

ということで、ソファーの寿命は使われている材質やソファーの種類によって寿命が変わってきてしまうということなんですね。

私が使っているような布製のソファーの場合、5年程度で傷んできてしまうことが多いので、その時期になったら買い替えも検討してみようかなと思います。

ただ、今のソファーも気に入っているので、破けたりせずに使えるうちはまだまだ大事に使っていこうかなと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました