冬に玄関のドアや床が結露する原因は?防止対策方法は?

窓 結露 結露

冬場になると,窓だけではなく玄関にも結露が出てきちゃうことありますよね。
結露があると,カビなどの原因にもなりやすくて不衛生な感じがしますが,どうして玄関に結露が生じてしまうんでしょうか?

今回は玄関のドアや床に結露が生じてしまう原因や防止対策方法についてチェックしていきたいと思います!

冬に玄関のドアや床が結露する原因は?

冬場に玄関のドアや床が結露してしまう原因は,やはり部屋の外と中の気温差が関係しています。

部屋の中が暖かくて湿度が高いと,外の冷たい空気によって,暖かい空気が冷やされ,空気中に含まれていた水分が水滴となってドアや床に付着してしまうんです。

外に通じる玄関は,どうしても気温が下がりやすいので,結露が起こりやすい場所になってきてしまうんですよね…

それでは,どうやったら玄関のドアや床の結露を防止することができるのか,対策方法についても考えてみたいと思います!

玄関のドアや床の結露防止方法は?

玄関における結露を防止するためには,今からできる対策がいくつか考えられます。
例えば,家の中の換気を良くしたり,吸湿性のあるものを置いたりなどの方法がありますが,それぞれの方法について少し詳しく見ていきましょう!

家の中の換気を良くする

結露の発生を防止するためには,家の中の換気をよくすることがポイントになってきます。

家の中全体の換気をしっかり行うことによって,家の中の空気中に含まれる水分を少なくすることができるんですよね。

やはり,家の中で人が生活する以上,どうしても湿度は高くなってしまいます。

水やお湯を使うだけではなく,人や生き物が呼吸をすることでもやっぱり水分は出てきてしまうんですよね。

そのため,定期的に空気の入れ替えをすることで,生活していく中で生じた空気中の水分を外に逃してあげることが必要になります。

少し寒いですけれど,ときどき窓を開けたり換気扇を回したりして,空気の入れ替えをするようにしましょう。

24時間換気がついている家であれば,換気のスイッチを常にオンにしておいてくださいね!

断熱パネルや断熱シートをドアに貼る

断熱パネルや断熱シートを玄関のドアにつけることで,ドアの結露をある程度軽減させることができるようになります。

部屋の中の空気と冷たいドアの間に断熱性のあるシートやパネルを使うことで,結露の発生を抑えることができるので,こういった商品を活用してみるのもアリですね!

スポンサードリンク

吸湿性のあるものを玄関に置く

玄関の湿度を下げることで,少しでも結露を防止するのがこの方法になります。

できれば,除湿器のようなものを玄関に置けるといいんですけれど,そこまでできない場合は,乾いた新聞紙などを玄関に置いて,水分を吸着させるという方法もあります。

ただ,効果は限定的なので,やはり換気することを一番の対策として取り入れながら,サブ的な感じで除湿を行えるといいのかなと思います。

まとめ

玄関のドアや床の結露を防止するためには,家の中の換気を十分に行うことがまずは大切になってきます。

換気扇とかサーキュレーターなどを活用できると効果が高まりますね。

このほか,断熱パネルや断熱シートを使うことでもかなり結露を抑える効果が期待できるので,ぜひ試してみてくださいね~

それでは,最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました