フローリングを傷つけない掃除機は?どういうタイプがおすすめ?

お掃除
スポンサードリンク

フローリングの掃除は、モップやワイパー式のペーパーだけでもキレイになります。

ですが、隅の方にあるホコリやフローリングの溝に入り込むホコリや塵などは、掃除機で吸いこまないとキレイにならないので、簡単な拭き掃除だけではなく、掃除機を使いたくなります。

でもフローリングに掃除機を使うと、傷つけてしまいそうだから使いたくないという方もいますね。

そこで、フローリングを傷つけない掃除機の選び方について考えてみたいと思います!

フローリングを傷つけない掃除機とは?

フローリングに掃除機をかけて傷がついてしまう原因は、掃除機のヘッド部分の摩擦よりも、掃除機本体によるものです。

パワーのある掃除機は、本体の重量も重いので、ゴロゴロとキャスターが回っていても摩擦によって傷がつきやすいのです。

キャスター式掃除機を使えば、どんなに気を付けていても、思わぬ方向に本体が動いて家具にぶつけてしまったりすることもあります。

フローリングを傷つけないで掃除機を使うのなら、コードレス式がおすすめです。

コードレス式の掃除機でも、最新タイプはパワーもかなり強くなっています。

手軽に掃除できる便利さはもちろんですが、重い掃除機を持ち運ぶ必要もありません。

ゴミがとりにくいカーペットの掃除は吸引力の強いキャスター式の掃除機を使っても良いと思いますが、フローリングの掃除ならスティックタイプのコードレス式でも十分使えると思います。

スポンサードリンク

ヘッド裏部分をチェックしてみると、ゴムウレタンブラシなどがついていて、フローリングを傷つけないように加工されているものがあるので、コードレス式の掃除機も比較して選ぶと良いですね。

自動で掃除してくれるロボット掃除機も随分と手に入りやすい価格のものが出ています。

ロボット掃除機は滑らかな動きをしますし、フローリングを傷つけずに掃除するのに適しています。

ただ、部屋に物が多かったり、段差が多い部屋では使いにくいので、どんな環境でも使えるわけじゃありませんね。

スポンサードリンク

フローリングの掃除は2段階方式でする

フローリングを傷つけない掃除方法は、2段階の掃除です。

まずはワイパー式でも化学繊維のモップでも構わないので、ホコリや髪の毛などを一か所にまとめるように掃除します。

そして最後に掃除機でゴミを吸い取れば、掃除機が直接触れるのを最小限にできます。

砂埃など硬いゴミに注意!

部屋の中は砂埃が入ることはほとんどありませんが、風の強い日に窓を開けていたり、ペットがいる家では砂埃が床に落ちることもあります。

もしも掃除をする前に床がザラザラしているようなら、いきなり掃除機を使うと砂埃でフローリングを削ってしまうことがあります。

砂埃のザラザラは、ウェットタイプのフロアシートで拭いた方が一度できれいになり、傷つけずに掃除できます。

まとめ

掃除しやすいのがフローリングの魅力ですが、傷ついてしまうと補修するのが難しいのが欠点でもあります。

簡単に取り換えられるわけじゃないので、掃除機は傷つかないタイプを選んでください。

軽くて使いやすいスティックタイプの掃除機なら、掃除嫌いな人もこまめに掃除できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました