トイレマットの洗い方は?洗濯機ではネットに入れて洗ったほうがいい?

トイレマット画像 お掃除

トイレマットの洗濯はいつもどうしていますか?

そのまま洗濯機に入れて洗濯してしまっていいものなのか、それとも洗濯ネットなどに入れてから洗ったほうがいいのかなど、洗い方もちょっと気になるところですよね。

そこで今回は、トイレマットの洗濯方法について考えていきたいと思います!

トイレマットの洗い方は?手洗いしたほうがいい?

トイレマットには尿の飛沫がついていて、ちょっと不潔なイメージがありますよね。

そのため、洗濯機で洗うことに抵抗のある方も少なくないかと思います。

基本的には衣服と一緒に洗濯機で洗ってしまっても問題はないんですが、どうしても服と一緒に洗うのに抵抗がある方は、他のマット類と洗うかトイレマットのみで洗うようにするといいですね。

手間を考えると、基本的には洗濯機で洗ったほうが楽らんですが、それでも気になるという方は風呂場で手洗いする方法もありですね!
または足で揉み洗いするのもおすすめです。

実際にトイレマットを洗濯するときの手順についても考えていきたいと思います。

洗濯機での洗い方(コース)は?ネットは必要?手順は?

まずは、洗う前にコロコロやガムテープ等を使って、大きなホコリや髪の毛を取り除いておきましょう。
このほうが、洗濯ネットにもゴミなどが残りにくく、洗濯機自体も比較的綺麗に保ちやすくなるので、大まかな汚れやほこりはあらかじめ除去しておくことをオススメします。

そのうえで、洗濯機に入れて、標準コースでスタートさせてください。
脱水までしてOKです。

普通に洗濯をする感覚で、洗濯機で洗っちゃってください。

「でも、トイレマットを洗濯機にそのまま放り込んでいいの?ネットは必要なの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

たしかに、マットはTシャツなどと違って特殊な加工がされていそうで「ネットに入れたほうがいいのでは」と考えてしまいますよね。

そこで、洗濯タグをチェックしてみましょう。

手洗いの表示等がなければ基本的にそのまま洗濯機に入れてしまって問題ありません。

ただし、ものによっては毛糸が出て他の洗濯物についてしまうことがあるので、ほかの洗濯ものと一緒に洗うときに気になるという方は、念のためにネットに入れて洗うのもアリですね。

トイレマットのお洗濯が終わった後は、外に干して、よく乾燥させましょう。

湿ったまま長時間放置するとカビや悪臭の原因になります。

天気の悪い日は乾燥機を活用するのが望ましいですが、乾燥機がない場合は、極力天気のいい日にお洗濯するようにしましょう。

トイレマットについてしまった汚れがひどい時はどうすればいい?

大きなシミや頑固な汚れ、血液などがついてしまった場合は、洗う前に「浸け置き洗い」をしましょう。

たらいに40℃ほどのお湯を入れ、酸素系漂白剤(衣類用漂白剤)を適量混ぜて、汚れている部分を中心に浸かるようにして1時間~2時間ほど置いてください。

漂白剤を使ってからお洗濯をすることによって、かなり汚れが目立ちにくくなります。

一度漂白剤を使ってもなかなか汚れが落ちにくい場合は、さらにもう一度、少し漬ける時間を長めに調整するようにすると汚れが落ちやすくなります。

ただし、模様やや色がついている場合にはそちらが落ちてしまう可能性もあるので、場合によっては汚れの部分だけを漬けおき洗いするようにすることをオススメします!

まとめ

トイレマットは特別ひどい汚れがついていない限りは、洗濯機で普通に洗うだけでOKです。

汚れがひどい場合は、漂白剤を使って漬け置き洗いをすると、しっかり汚れを落とすことができるのでおオススメです!

他の衣服と一緒に洗うことについてどうしても抵抗があるというような場合は、ほかの服と分けて洗濯するようにした方が気持ち的に落ち着くかと思いますが、基本的には一緒に洗ってしまっても大丈夫ですよ。

洗濯する際は必ずしもネットに入れて洗う必要はありませんが、ほかの服などと一緒に洗うときに毛糸などが気になる場合は、ネットに入れて洗うようにするとより安心ですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました