ピーマンの種が黒いのは腐っている?中が変色しても食べても大丈夫?

料理

先日、いつものようにピーマンを包丁で切ったら、中から黒いものが出てきたんですよね。

なんだろうと思ってよく見てみたら、ピーマンの種が黒い状態になってしまっていたんです。

初めてのことでかなりびっくりしたんですが、これって食べても大丈夫なのか不安になったんですよね。

そこで今回は、ピーマンの種が黒い状態でも問題ないのかどうかについて調べていきたいと思います!

ピーマンの種が黒い!変色する原因は?

ピーマンの種が黒い状態になっていたことなんてこれまで経験がなかったのでメチャクチャびっくりしたんですが、実は種が黒く変色することって時々あることみたいなんです。

そもそも、通常販売されている緑色のピーマンって、まだ未熟な状態なんだとか。

ピーマンって熟すと赤くなるそうで、赤くなっても食べられるんですが、一般的には緑色の状態のときに食べられるのが普通です。

これは、赤い状態まで育てて収穫するには、通常の緑色のピーマンよりも倍近い期間が必要になってくるからなんだそうです。

農家さんからすれば、早いタイミングでたくさん出荷できたほうがいいですもんね。

これが、緑色のピーマンが一般的に普及している理由なんだとか。

話がそれてしまいましたが、ピーマンが熟して緑から赤になっていく途中で、中の種も色が変わって茶色や黒になっていくんですね。

私が今回使ったピーマンは、熟す途中だったというとこで、種ではない実の部分は特に食べても問題ありませんでした!

黒い種の部分も食べてはいけないというわけではありませんが、場合によってはカビの発生がみられるケースもあるようなので、黒くなった種は食べないようにしたほうが無難ですね。

ピーマンの実の部分が腐っていないか一応チェックを!

熟す途中なので、種を取り除いて食べる分には問題ないんですが、念のために実の部分も腐ったりしていないか確認するようにしましょう。

成熟してくると、腐るのも早くなってしまう場合があります。

ピーマンの表面がシワシワのブヨブヨになってしまっているときは、念のために食べずに捨てるようにしましょう。

中の黒くなった種も食べないほうが無難です。

また、劣化してくると普通のピーマンではしないような異臭が発生してくることもありますので、その場合も使わずに廃棄するようにしましょう。

実の部分が普通のピーマンのようにしっかりしている状態で、においも特に異常がないなら、普通に洗って使ってOKです。

まとめ

ピーマンの種が黒い状態になってしまうのは、ピーマン自体が熟していく過程で起こる現象でした!

一応は食べても問題ありませんが、カビが発生している場合もあるため、基本的には取り除いて実の部分を食べるようにしましょう!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました