洗面台掃除でしつこい黄ばみや黒ずみをキレイに落とす方法は?

洗面台 お掃除

洗面台はキッチンやお風呂などに比べて、ひどく汚れたり、ガンコなカビが生えることもそれほどないので、ついついこまめな掃除をしないまま放置してしまうことも多いですよね~

毎日使っていると、黄ばみや黒ずみが出ているのに、意外と気が付かないままスルーしてしまうこともありますね…(^^;

でも、洗面台の汚れはこまめに落としておかないと、素人の掃除道具では手に負えない状態になってしまうこともあります。

洗面台に黄ばみや黒ずみが気になってきたら、できるだけ素早く掃除にとりかかりたいところですね。

さっそく、ガンコな汚れの落とし方をチェックいきましょう!

洗面台の黄ばみ汚れの正体は?

洗面台の色が真っ白だと、黄ばみが特に目立つと思います。
少し黄色がかったクリーム色ならそれほど目立たないかもしれませんね笑

どちらにしても、黄ばみ汚れは早く落とさないと簡単に落ちなくなります。

洗面台の黄ばみの正体は、石けんカスや皮脂が混ざり合ったものです。
そこに水道水に含まれる成分が結合して蓄積すると、ガンコな黄ばみとなってしまいます。

洗面台の黄ばみの掃除方法

黄ばみ汚れの落とし方は、酸性の洗剤で皮脂や石けんカスを溶かすと簡単に落ちます。

ですが、洗面所の素材によっては強い酸が傷めてしまうことがあります。
洗面台の素材をよく確認して、使える洗剤成分なのかどうかをチェックしましょう。

クエン酸と重曹は、素材を選ばすに使えるので便利です。
重曹を洗面台にかけてから、クエン酸を水で溶かしたスプレーをかけると炭酸泡が発生します。

しばらく置いて洗い流すと、軽い黄ばみならキレイになります。
ガンコな黄ばみはお酢を使っても落とせるので、重曹やクエン酸がない場合は、お酢を使ってみるというのもアリですね!

スポンサードリンク

洗面台の黒ずみの正体は?

洗面台の黒ずみの正体は、黄ばみと同じく、石けんカスや皮脂、水道水に含まれるケイ酸などの蓄積です。

黄ばみ汚れにさらにホコリなどが混ざってしまうと、黒ずみ汚れとなってしまいます。

洗面台の細かいところに点々と黒ずみが出ている場合は、お風呂の黒カビと同じです。

水回りは油断するとすぐに黒カビが発生するので、やはりこまめな掃除が大切ですね。

洗面台の黒ずみの掃除方法

黒ずみ汚れを落とす方法は、重曹を水で溶かしたものをスポンジに含ませて擦るとキレイになります。

重曹が研磨剤の代わりになるので、ザラザラした黒ずみには効果的ですよ~

水をつけるだけで汚れを落とす効果のあるメラミンスポンジを使うとさらに落としやすくなるのでおすすめです!

重曹だけで落とせない汚れは、クエン酸やセスキ炭酸ソーダなどを使ってみるとさらに効果が期待できますよ。

まとめ

洗面台の掃除にお風呂のカビ取り剤やトイレの黄ばみ落としなどを使っている方もいらっしゃるかも知れません。

たしかに効果があると思いますが、ニオイが強いので、洗面台にはあまり使いたくない方もいると思います。

安全なものを使って掃除したい方は、今回ご紹介した重曹やクエン酸、お酢などを活用してお掃除してみてくださいね~

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました