トイレタンクの掃除の仕方ってどうすればいいの?頻度はどれくらい?

トイレ画像 お掃除

突然ですが、トイレ掃除ってどこまでやっていますか?
便器と床だけですか…?

ついつい便器や蓋の汚ればかりが気になって、タンクの掃除をおろそかにしていませんか?
正直なところ、なかなかタンクまでは手が回らなくてタンク掃除は忘れてしまいがちですよね。

ただ、実はタンクの中も汚れているんです。
汚れの原因は主に黒カビと水垢です。
タンクの中は常に湿気がこもっている状態のため、カビや菌が繁殖しやすくなっています。

ですから、定期的に掃除をしなければならないのです。
放っておくと悪臭の原因になります。
そこで、今回はトイレタンクの掃除の仕方や、清掃頻度について考えていきたいと思います!

トイレタンク内の掃除の仕方は?

まずは必要な道具を紹介します。

  • トイレ用中性洗剤(塩素系漂白剤はNG)
  • 長い持ち手のついた小さめのブラシ(歯ブラシでOK)
  • スポンジ
  • ゴム手袋

トイレタンクの掃除に必要な道具は以上です。
次に、掃除の手順を紹介しますね!

止水栓を回して水を止め、トイレの蓋を外す

まずは、止水栓をマイナスドライバーで回して止めてください。
いったんタンクに水を送らないようにしておきます。
止水栓を閉めないと、掃除中に水があふれ出てしまうため、しっかりと水を止めておいてくださいね。

続けて、トイレの蓋を外しましょう!。
上に持ち上げれば外れるものが多いですが、メーカーや型番によって作りが違うことがありますので注意して外してくださいね。
また、中蓋があれば、それも外してください。

意外とトイレの蓋は重たいことも多いので、無理せずに作業を進めるようにしてくださいね。

タンク内の汚れを磨いて落とす

トイレ用中性洗剤とブラシとスポンジを使って掃除していきましょう。
細かいところは歯ブラシで磨くとやりやすいですよ。

しばらく掃除をしていなかった場合は、内側がカビだらけになってしまっていることも珍しくありません。

この汚れを落とすことで、トイレ自体を清潔に保つことができるようになるので、中性洗剤で汚れを落としていきましょう。

磨いた後は水ですすいでください。
フチなどに洗剤がついている場合は、雑巾や除菌シートなどでふき取ってくださいね。

中蓋がある場合は、中蓋もシャワーなどで洗っておくことをオススメします。
併せて、タンクの蓋を持ち運べる場合は、蓋の内側も同じようにシャワーで洗っておくといいですね。
もしタンクに手洗い場がある場合はそこも掃除してください。
最後にシャワー等で全体をすすぎます。

中蓋やタンクの蓋の内側なども汚れを落としておいた方が、さらに長い期間にわたって清潔に保ちやすくなるので、この機会に一緒に綺麗にしておくことをおすすめします!

乾燥させて蓋を元に戻す

お風呂等に置いて自然乾燥させるか、雑巾で拭いてください。

しっかり乾燥させたら、中蓋をタンク内に設置し、タンクの蓋を閉め、止水栓を開けて完了です!
念のため、ちゃんと動くか水を流してみましょう。

トイレタンクの掃除の頻度は?忙しい方やズボラさんのための救世主もご紹介!

トイレタンクの清掃頻度としては、1~2か月に1度が理想的です。

とはいえ、今回ご紹介した方法は結構大変ですし、やっぱり何と言っても面倒ですよね。

そんな方にお勧めの方法は、トイレタンク洗浄剤を1か月に1度入れる方法です。
これなら、先ほどのような大掃除は2~3か月に1度くらいでOKになります。

このトイレタンク洗浄剤が忙しい私たちの救世主なんです!

一人暮らしでバリバリ働いている方、夫婦共働きの方、育児で忙しい方…。
何かと忙しく時間がない方が多い時代ですよね。

トイレタンク洗浄剤の使い方は簡単で、タンク内に入れるだけ!

手で洗うよりは洗浄力が劣りますが、忙しい方はこの手を使いましょう。
ドラッグストア等で販売されているので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

トイレのタンク内は意外と汚れているものです。
便器や床をいくら掃除してもなんか臭う…と思ったら、タンク内がカビだらけになっているかもしれません。

放っておけばおくほど掃除が大変になり、最終的には業者に頼まなければいけなくなり大きな出費になりかねません。そうならないために、定期的に掃除しましょう。

とはいえ、定期的に掃除をするのもなかなか面倒なので、トイレタンク洗浄剤をうまく使って、上手に手抜きしながらきれいな状態をキープできると一番ですね~

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました