ワイシャツの黄ばみにキッチンハイターは使える?襟や脇の汚れをキレイにできる?

服・ファッション
スポンサードリンク

ワイシャツって、首の周辺である襟の部分とか脇のあたりとかってけっこう汚れが残りやすいですよね。

蓄積した汚れを放置していたり、長く着続けていたりすると、徐々に黄ばみ汚れが出てきちゃったりして残念な気持ちになったりします。

そんなワイシャツの黄ばみ汚れなんですが、家にあるキッチンハイターを使って落とすことってできるんでしょうか?

わざわざワイシャツの黄ばみ用の洗剤とか漂白剤を買ってくるのも面倒ですし、台所に置いてあるキッチンハイターできれいにできないかなって思ったんですよね。

そこで今回は、ワイシャツの黄ばみをキッチンハイターを使って落とすことができるのかどうかについて考えていきたいと思います!

スポンサードリンク

ワイシャツの黄ばみにキッチンハイターは使える?

さっそく結論からなんですが、ワイシャツの黄ばみにキッチンハイターは使わないほうがいいです!

その理由は、そもそもキッチンハイターのような塩素系漂白剤が使えないワイシャツが多いからです。

もちろんワイシャツの材質にもよると思うので一概には言えませんが、私の持っているワイシャツは全部塩素系漂白剤がダメなタイプでした。

ワイシャツのタグの部分を見てみると、塩素系漂白剤が使えないワイシャツには『エンソサラシ×』というマークが書いてあります。

こんな感じのマークですね↓↓

この上側の中央にある赤い×マークがついているやつです。

このマークがついている場合、塩素系漂白剤を使ってはいけないんですよね。

エンソサラシ×のマークがついていないワイシャツだったら使用可能ですが、このマークがついているとキッチンハイターを使うことはできないんですよね。

もしも、エンソサラシ×のマークがついていなかったとしても、色が付いたワイシャツの場合は色落ちしてしまう恐れもあります。

そういう意味でも、キッチンハイターを使うときには気をつけなければいけないですね。

ちなみに、洗濯の記号について調べていたら、平成28年に表示の変更があったみたいで、漂白剤が使えるかどうかは三角のマークで確認することができるみたいです。

三角に×マークがついている場合や、三角の中に二本の斜め線が入っている場合はキッチンハイターなどの塩素系漂白剤は使えないということなんですね。

ワイシャツの黄ばみ落としにどうしてもキッチンハイターを使うときの注意点は?

ワイシャツの黄ばみ落としのために、衣類用の漂白剤を使いたいけど切らしてしまっていたりすると、ちょっと困りますよね。

こういう状況とかで、どうしてもキッチンハイターを代用品として使って黄ばみ落としをしたいという場合もあるかと思います。

もしも、どうしてもキッチンハイターを使いたいという場合なんですが、気をつけなければいけないポイントがあるので、ちょっと確認してみたいと思います。

キッチンハイターを原液で塗り付けない

黄ばみ汚れをしっかり落としてしまいたいという気持ちでキッチンハイターの原液を汚れの部分に塗ったりしたくなることあるんじゃないかなと思います。

実は私も前にこれをやっちゃったことがあって、原液のキッチンハイターをそのままワイシャツの襟につけちゃったことがあったんですよね。

これで真っ白キレイになるはず!

と思っていたんですが、逆に黄ばみが目立つような感じになっちゃったんです…

後から知ったんですが、キッチンハイターのような塩素系漂白剤を使う場合は、ちゃんと適切な濃度に薄めて使わないと、生地を傷めたり逆に黄ばみがひどくなる原因になったりするみたいなんですよね。

『塩素ヤケ』っていうらしいんですけど、ワイシャツの生地に使われている材質が塩素と反応して黄色く変色してしまうことがあるみたいなんです。

こうなっちゃうと、皮脂汚れじゃなくて塩素による黄ばみになっちゃうので、より汚れが落としにくくなっちゃいます。

そのため、キッチンハイターを原液でワイシャツにかけたり塗ったりしないのがポイントなんですね。

洗濯表示のタグは絶対にチェック!

繰り返しになっちゃいますが、洗濯表示のタグのところに『エンソサラシ×』と書いてある場合はキッチンハイターを使うことができません。

ワイシャツについているタグの部分はあらかじめ確認するようにするのもポイントですね。

白いワイシャツなら大丈夫でしょって私も思っていたんですが、よくよく見ると白ワイシャツでもダメな場合も結構あります。

先入観って恐ろしいですね…笑

まとめ

ということで、ワイシャツにキッチンハイターを使う場合は、塩素系漂白剤を使ってもいいかどうかをちゃんと確認しておく必要があります。

タグを確認するのって面倒くさくてついついやらないでしまうこともあるんですが、知らずに塩素系漂白剤を使って後悔なんてことにならないように、私も洗濯するときはちょっと気を付けたいと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました