バナナの保存で冬場に気を付けるポイントや低温障害を起こさない方法とは?

バナナ

バナナって基本的に常温で保管しますけど,冬場だと室温自体がかなり低くなっちゃって,普通に部屋で保存していていいのか,ちょっと迷いますよね~

あまり寒すぎると,バナナが低温障害によって斑点ができてしまったり,栄養価が下がってしまうことも…

そこで今回は,冬場にバナナを保存するときの注意点やポイントについて考えて言いたいと思います!

バナナの保存で冬場に気を付けるポイントや注意点は?

バナナはもともと熱帯の地域で育っている植物なので,気温が低い環境は苦手なんですよね~

バナナは13度以下の温度を苦手としているので,それ以上の温度で保存することが一番望ましいです。

しかし,日本の冬はけっこう寒さが厳しいですし,北海道や東北などの特にも寒い地方に住んでいらっしゃる場合は,暖房付けないと室温が氷点下になって,冷蔵庫より寒いなんてこともありますよね~

そのため,冬場にバナナを保存するときには,できるだけ暖かい温度で保管できるよう,暖房を使う部屋などに置くことをおすすめします。

人がよく出入りする場所は,比較的暖かい環境になりやすいので,バナナの保存にとっても適した温度になりやすいです。

スポンサードリンク

室温が寒すぎる場合はビニール等に入れて野菜室へ保管もアリ!

それでも,やはり暖房を使わない夜間や外出中の日中などは,室温がどうしても低くなってしまうので,バナナの苦手な13度以下になってしまうこともありますよね。

室温が冷蔵庫波に低くなってしまうような場合は,冷蔵庫の野菜室などを活用するというのも一つの手段です。

本来は,冷蔵庫に入れてしまうと,低温障害になってしまうおそれもあるんですが,ビニール袋やプチプチのようなもので包むようにすると,冷気が直接当たるのをある程度防ぐことができるので,包んで冷蔵庫に入れるというのがおすすめです。

また,冷蔵庫に入れるときには普通の冷蔵室にいれるのではなく,野菜室に入れるようにしたほうが低温障害になりにくくなるので,保存するときは野菜室を活用するようにしましょう。

また,50度のお湯に5分間バナナをつけることによって,バナナの保存期間を伸ばすこともできます。

詳しい方法については,こちらの別記事にまとめましたので,よかったら参考にしていただけると嬉しいです!
バナナの保存は50度のお湯と野菜室が甘くきれいな見た目を保つ秘訣!

まとめ

バナナは熱帯地方の植物であるため,13度以下の寒い気候は苦手としているため,できるだけ常温で保存することが一番望ましいです。

しかし,冬場などはどうしても室温も下がってしまって13度以下になってしまう場合もあるので,できる限り暖房を使っている部屋などに保管するようにしましょう。

あるいは,ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に入れるというのもアリですよ~

それでは,最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました