液体洗剤の使い方は?衣類に直接かけて使用しても大丈夫?

お掃除

最近では、粉末の洗剤より液体洗剤のほうが増えてきた感じしますよね!

ところで、液体洗剤って、衣類に直接かけて使ってもいいものなんでしょうか?

直接かけるとかなり強力そうなんですけど、それだけに直接かけて大丈夫なのかちょっと気になりますよね…

そこで今回は、液体洗剤を衣類に直接かけて使用しても大丈夫なのかについて考えていきたいと思います!

液体洗剤のメリットは?正しい使い方とは?

私が子供の頃は粉末洗剤が当たり前でしたw
最近は本当に液体洗剤が多くなりましたね~

粉末洗剤の時は、脱水後、洗濯を干していると白い粉が衣類に残っていたりして、よく手で払ったりしたものです。
大人になり、最近では当たり前に液体洗剤で洗濯をしているんですが、粉末のような粉残りもありませんし、液体なので水に溶けやすく、まんべんなく洗濯全体に溶けて効果を発揮してくれています!

液体洗剤のメリットは、コンパクトで収納場所も取らず、すすぎ回数が1回というエコロジーなところですよね~
洗浄力もある程度の汚れなら問題なく落ちますし、そこまで気にした事もありません。
というか、洗浄力は粉末洗剤とさほど変わらないといわれているので、液体洗剤になれると手放せなくなりますね!

また、液体であるため、汚れがひどい部分に直接かけて使うことができるのも大きいメリットですよね~
ただ、この場合に気になる、『衣類に直接かけても大丈夫なのか?』という部分をもうちょっと考えてみたいと思います!

スポンサードリンク

衣類に直接かけて使っても大丈夫?

やっぱり、液体洗剤は粉洗剤では出来なかった「衣類に直接塗布が出来る事」が魅力ですね!
その効果は絶大で、しっかりと油汚れが落ちています。

ただ、やっぱり液体洗剤を直接布に染み込んで長時間放置していると、色褪せが起こってしまう場合があるんです。
これが、衣類に直接液体洗剤をかけて使うときの注意点ですね。

もしもすぐに洗濯出来ない場合などは、洗面器などにぬるま湯を入れ、お湯と一緒に漬け置きしておけば色落ちしてしまう危険性は下がります。

液体洗剤の多くが中性タイプではあるものの中には弱アルカリ性(粉末洗剤と同じ威力)のものもあります。
それが水に溶けると中性に近づくので、衣類を傷めずに汚れに効きます。
少し手間ですが、油汚れがついてしまった時は直接かけて使う以外にも、洗剤を入れたお湯の中でつけおき洗いすることも試してみてくださいね~

その場ですぐに手洗いなどができるのであれば、液体洗剤を衣類に直接かけて使うのもアリですよ~

まとめ

液体洗剤を直接衣類にかけると、場合によっては色落ちしやすくなってしまうケースもあるので、直接かける場合は短時間だけにして早めに手洗いするなど、長時間付けておかないようにすることがポイントですね!

あるいは、洗剤を溶かしたお湯につけおき洗いするというのも有効なので、衣服に直接かけるのに抵抗がある場合はつけおきもアリですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました