お風呂の排水溝の蓋はいらない?割れたりして捨てたいときは何ゴミ?

お風呂掃除 お掃除
スポンサードリンク

お風呂の排水溝の蓋なんですが,あれってそもそもいるのかな?
って思ったことありませんか?

思えばお掃除するときにけっこう邪魔ですし,ないならなくても大丈夫かななんて思っちゃったりします。

私も今住んでいる家には排水溝の蓋がついているんですけれど,一人暮らしをしていた前のアパートでは,そもそもお風呂の排水溝の蓋はついていませんでした。

蓋がなくても,全然困らなかったというか,違和感すら感じたことなかったんですよね笑

そこで今回は,お風呂の排水溝の蓋は必要なのかどうかについて考えてみたいと思います。

お風呂の排水溝の蓋はいらない?外したメリットとデメリット

お風呂の排水溝の蓋なんですが,やっぱり掃除するとき邪魔だと思ったので,思い切って取り外してみることにしました!

実際に外してみて感じたメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

お風呂の排水溝の蓋を外したメリット!

お風呂の排水溝の蓋を外して感じたメリットなんですが,やっぱり何と言って掃除がラクチンです!

排水溝の蓋をつけていた時には,蓋の裏側がいつもカビだらけでした。

頑張ってこすって掃除をしたり,つけおき洗いをしてカビを取り除いたりと努力の日々でしたが,そもそも蓋の裏側を掃除しないで済むようになったので,掃除の手間が少なくなりました。

排水溝の蓋って,角の部分とかも結構多いので,お掃除するのがけっこう手間なんですよね~

時間はかかるし疲れるしで地味に大変だった掃除がだいぶ楽になりました!

さらに,排水溝の状態も常に目に入ってくるので,髪の毛とか汚れがたまったら,その都度きれいにするようになりましたし,こまめに掃除するようになったと感じます。

これまで,お風呂の排水溝部分をお掃除するときには,ちょっとした気合を入れてから蓋を取って掃除していたんですが,この気合いを入れなくてもスムーズにお掃除ができるようになったのも個人的にはメリットだったと感じました。

お風呂の排水溝の蓋を外したデメリット

一方で,お風呂の排水溝の蓋を外した時のデメリットなんですが,正直なところ,個人的には全然デメリットは感じませんでした。

スポンサードリンク

考えられるデメリットとしては,やはり排水溝自体が見えてしまうというところでしょうか。

特にも一緒に住んでいる家族の方がいらっしゃる人で,そのご家族が排水溝丸見え状態を気にしちゃうタイプの人だったりすると,もしかしたら反対されちゃうかもしれないですね。

一応,排水溝の蓋を外すときには,家族にも相談してみてからにしてみるといいのかなと思います。

また,排水溝の蓋を取り除くことによって,場合によっては排水溝自体を直接足で踏んでしまう可能性もなくはないかなと思います。

ちょっと考えにくいケースかもしれませんが,普段の使い方とかお風呂の構造などによっては,蓋を取り除くことで間違えて踏んでしまう場合もあるかもしれませんので,この辺りも家族には確認してみたほうがいいかもしれませんね。

お風呂の排水溝が割れたりして捨てたいときは何ゴミで出す?

やっぱりお風呂の排水溝はいらない!
という結論にたどりついたとして,そういえばお風呂の排水溝の蓋って何ゴミに捨てればいいんでしょうか?

場合によっては,長年使っていて蓋が割れてしまったなんて場合もあるみたいです。

このように,お風呂の排水溝の蓋が不要になった場合には,燃えないゴミに捨てるようにしましょう。

もちろん,自治体によって分別の仕方が異なる部分はあるかと思いますが,多くの場合は不燃ごみとして捨ててしまったOKです。

割れてしまって先がとがっているとか,危険な部分がある場合は,その部分を新聞紙等でくるむなど,自分や収集業者さんなどがけがをしないように工夫をしてから捨てるようにするといいですね。

まとめ

お風呂の排水溝の蓋なんですけれど,正直言って取り外して正解でした!

蓋の掃除をしなくていいだけでも精神的にだいぶ楽になりましたし,お掃除自体も実際ラクです。

排水溝自体が丸見えになってしまうのはデメリットのようにも感じられますが,考え方を変えてみると,常に見える状態である分,こまめにお掃除をするようになったため,結果としては以前よりもきれいな状態を保てるようになったと感じています。

もしかしたら,蓋を取り外すことについてご家族の方が反対なさることがあるかもしれないので,一応相談してみてから外すようにするといいのかなと思います。

それでは,最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました