IHクッキングヒーターの20aと30aの違いは何?変更や交換は自分でできる?

料理
スポンサードリンク

IHクッキングヒーターを設置しようと思ったときに、20aの製品と30aの製品があったりして、どれにしたらいいのかわからず戸惑ってしまうことありますよね。

全然電気関係に詳しくないので、どっちを選べばいいのかも全然わからず、けっこう困ってしまいました。

そこで今回は、IHクッキングヒーターの20aと30aの違いについて調べていきたいと思います!

IHクッキングヒーターの20aと30aの違いは何?

IHクッキングヒーターの20aと30aの違いなんですが、同時に使用できる消費電力が30aのほうが大きくて、20aのほうが小さいというところが違いになってくるようです。

イメージ的にわかりやすいのは、「ブレーカーが落ちるとき」を考えてみるといいのかなと思います。

電力消費量が多い家電製品を同時にたくさん使ってしまうと、ブレーカーが落ちてしまいますよね。

その点、契約しているアンペア数が大きければ、同じように同時に複数の家電を使ったとしても、ブレーカーが落ちずに済むこともあります。

このように、アンペア数の違いというのは、同時に使える電力消費量と考えられますね。

このことをIHクッキングヒーターで考えてみると、30a対応のほうが、同時に使える電気量が大きいと考えられます。

同時に2口や3口のコンロを、強火などの大きな電力消費を伴う使い方ができるのかどうかというところに違いがありそうですね。

20aよりも30aのほうが、同時にいろいろとお料理してもブレーカーが落ちたり、途中で出力が制限されてしまったりということが起こりにくいと言えそうですね。

スポンサードリンク

一人暮らし世帯であれば、もともとの電力の契約が20aであるケースが多いですが、2人以上の世帯だと、一般的には30aの契約が多いと言われています。

ご家庭でのIHの使い方を考えてみたときに、ファミリーで使用するのであれば30aを検討してみたほうがいいのかもしれませんね。

IHクッキングヒーターの20aと30aを自分で変更・交換できる?

ところで、20a対応のIHクッキングヒーターと、30a対応の製品を自分で変更したり交換したりすることはできるんでしょうか?

あまりお金をかけずに自分で交換したいという人もいらっしゃるかと思いますが、アンペア数が異なるのであれば、やはり専門家のプロにお願いするのがベストです。

まず、そもそもとして、アンペア数の変更には電気工事が必要になってきます。

また、20aと30aではコンセントの形状も異なってくるので、こちらにも対応する必要が出てきますね。

同じアンペア数でIHの機械だけを交換するならできるかもしれませんが、アンペアを変える必要があるときに専門知識や技術がない人が交換しようとしても、なかなかできることではないので、やはり専門の業者さんにお願いするのが一番ですね。

まとめ

IHクッキングヒーターの20aと30aの違いとしては、同時に使用できる電気量に違いが出てきます。

対応しているアンペア数が異なる場合は、電気工事をしなければいけなかったり、コンセントも対応しているものに変えなければいけなかったりと、専門的な知識と技術が必要になってくるので、設置等をする場合は業者さんにお願いするのがベストですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました