大根おろし器は100均とニトリどっちが最強?金額と性能からコスパ検証

料理
スポンサードリンク

大根おろし器って、けっこういろんな種類があって迷いますよね~

包丁とかまな板とかに比べると使用頻度が低めなので、正直なところ100均とかの安いやつでも大丈夫なんじゃないかと思ったりもします。

でも、やっぱり100均だと使った感じがイマイチだったらイヤですし、それだったらニトリとかでそこそこイイやつを買っておいた方がいいのかななんて迷ったりもしますよね。

たまたま、うちの実家にニトリで買った大根おろし器があったので、新たに100均のものも用意して比較してみることにしました。

ということで今回は、大根おろし器は100均で売っている物でも大丈夫なのか?

それとも、やっぱりニトリなどで勝った方がいいのかについて考えていきたいと思います!

大根おろし器は100均とニトリどっちが最強?

さっそく結論からなんですが、大根おろしを普段そんなに作らないのであれば100均でも十分で、見た目や食感をちょっと良いものにしたいという方や、大根おろし器を使う頻度が高いという方はニトリで購入される方がいいのかなという印象です!

もう少し詳しく見ていきますね。

大根おろし器を使う頻度が低い場合は100均で十分!

普段そんなに大根おろしを作らないし、作るとしてもそこまでクオリティにはこだわらないという場合は、断然100均がオススメです!

今回私が使ってみたのは、両面で大根おろしが作れるタイプの商品で、片方では普通の大根おろしを作ることができ、もう片方では鬼おろしが作れるというものでした。

どちら側を使っても大丈夫なんですが、個人的にポイントが高かったのは鬼おろしができるところなんですよね。

鬼おろしの方だと、けっこう粗めの大根おろしが出来上がるんですが、これが辛みが少なめで、辛いの苦手な人でも全然大丈夫な大根おろしができたんです。

うちの妻なんかは辛い大根おろしがちょっと苦手だったりするんですけど、鬼おろしだったらあまり辛くなくて大丈夫だと言っていました。

スポンサードリンク

すりおろすときも特にストレスなく、スムーズに作ることができたので、我が家の場合は100均でも全然大丈夫かなという感じです。

ニトリの大根おろし器はフワフワ食感で見た目も綺麗!

一方、うちの実家にあったニトリの大根おろしを使ってみたところ、やっぱり100均よりも質がいいなって感じがしました。

100均のでも十分ですし、クオリティにも満足ではあったんですが、やっぱりニトリで売っているだけあって、ちゃんとふわふわの『ザ・大根おろし』って感じの大根おろしが出来上がりました。

うちの親いわく、お値段的には1000円ちょっとくらいだったらしいんですが、やっぱり仕上がりがいいですね。

さらに、滑り止めや良い感じの傾斜もついていたりするので、たくさんすりおろしていてもそれほど疲れないですし、ストレスフリーで大根を降ろすことができました。

また、大根おろし器を洗うときにも大根の繊維が変に残ったりすることもなく、水でサッと洗い流しただけでもけっこう綺麗になります。

粗いものまで含めても、かなり使いやすいんじゃないかなと感じました。

家族の人数が多くて、一度にたくさん大根おろしを作らなきゃいけないようなご家庭とか、大根おろしを使ったメニューが多めのご家庭でしたら、ニトリの大根おろし器もちょうどいいんじゃないかなと思います。

まとめ

個人的には100均で売っている大根おろし器でも十分満足だったんですが、ニトリの大根おろし器も使い勝手が良くて、さすがだなという印象です。

後は使用頻度とか使い方によって、コスパ的な部分は感じ方が変わってくるのかなと感じました。

ちょっとしか使わないのであれば100均でも十分ですが、使用頻度が高い方や、さらにおいしくフワフワの大根おろしを作りたい場合はニトリの大根おろし器もけっこうコスパが高いんじゃないかなという印象です。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました