砂糖の固まりを解消する方法は?原因を知って未然に予防する裏ワザ!

料理

砂糖って、時間が経つと固まってしまって、かなり使いにくくなりますよね。

いつもスプーンとかでガリガリ削って使っているんですけど、何とかしてあの砂糖の固まりを解消する方法はないのでしょうか?

また、固まってしまうのを予防することができたらさらにいいですよね!

そこで今回は、砂糖が固まってしまう原因や解消方法について考えていきたいと思います!

砂糖が固まる原因は?

そもそも、どうして砂糖が固まってしまうのでしょうか?

砂糖が固まってしまう原因は、乾燥によって含まれている水分が失われてしまうことが関係しています。

砂糖は程度に水分が含まれていると、それぞれくっつかずにサラサラの状態でいられるのですが、乾燥して水分が失われてしまうと、お互いにくっつきやすくなり、固まってしまうんです。

そのため、砂糖の固まりを解消するためには、ある程度の水分を保持させることがポイントになってくるんですね。

砂糖の固まりを解消する方法は?

砂糖の固まりを解消するためには、水分をある程度含ませることがポイントでした。

具体的に砂糖の固まりを解消する方法をチェックしていきましょう!

霧吹きを使えば砂糖の固まりを解消できる!

霧吹きなどを使って、少し水分を加えてあげることで砂糖の塊をほぐすことができます。

ただ、水分を含ませるといっても、ビチャビチャに濡らすという意味ではなく、少し湿度を高くするようなイメージです。

霧吹きを軽く1回くらい使って少しだけ湿らせた後、3時間ほどそのまま放置してください

ある程度時間がたったら、砂糖をスプーンなどを使ってほぐしてみて、うまくほぐれるようであれば完了です。

なかなかほぐれない場合は、もう少しだけ霧吹きで水を加えて、またしばらく置いてからほぐすというのを繰り返すと、ガリガリ削らなければいけなかった砂糖が元通りにほぐれてくれます。

霧吹きがない場合はキッチンペーパーを使った方法も!

自宅に霧吹きが無いという場合は、キッチンペーパーを使って水分を加えていく方法もあります。

キッチンペーパーを少しだけ湿らせて、それを砂糖に直接触れないように容器の中に入れます。

おすすめなのは、容器のフタの裏側部分に挟み込むように入れると、うまい具合に砂糖に水分を含ませやすくなります。

キッチンペーパーを挟み込んだら、あとは霧吹きの時と同じように3時間程度放置して、ほぐれるようになったかどうか確認するだけです。

ちょっとだけ時間はかかっちゃいますけど、特別な道具がなくてもサラサラの状態に戻すことができるので、結構おすすめですよ!

砂糖が固まるのを予防する方法は?

砂糖が固まってしまうのを予防するためには、砂糖がもともと持っている水分を乾燥によって失わせないことがポイントになってきます。

密封容器に入れて砂糖を乾燥させない!

水分を失わせないようにするためには、密封できる容器に入れて保存するのがおすすめです。

保存容器はフタがしっかり閉められるビンなどの容器がいいですね!

砂糖が固まるのを防ぎやすい容器については、別記事にもまとめてみたのでよかったらご覧くださいね!

砂糖の保存容器はジップロックや100均でもOK?固まりにくい保管方法は?

フロストシュガーを混ぜて保管する!

密封容器に入れていたとしても、やはり時間が経過するとともにどうしても砂糖が固まってしまうこともあります。

こういう状況を予防するためには、フロストシュガーを一緒に入れて保存する方法がおすすめです。

フロストシュガーとは、よくヨーグルトとかについてくるお砂糖なんですが、サラサラしていて比較的くっつきにくいタイプのお砂糖です。

これを普通のお砂糖と一緒に入れて保存しておくことで、サラサラな状態を保ちやすくなるので、フロストシュガーを少し混ぜてみるのもおすすめですよ~

まとめ

砂糖が固まってしまう原因は、乾燥によって砂糖に含まれる水分が失われてしまうことが関係していました。

固まってしまった時には、霧吹きなどを使って少し水分を含ませるようにすると、サラサラな状態に戻ってくれます。

また、砂糖が固まってしまうのを防ぐためには、密封容器に入れて保存したり、フロストシュガーを入れて保存する方法がおすすめです!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました