ご飯の冷凍でジップロック袋に直接入れるのはアリ?ラップで包むのが面倒なときは?

ご飯 料理

最近色々なものが冷凍しても美味しく食べれるとテレビや雑誌などで見ますが、皆さんは冷凍ご飯をどのように保存していますか?
我が家では、1膳ごとにラップでくるみジップロックに保存しています。
ですが、たまに面倒で炊飯器の保温でぱさぱさご飯にしてしまうこともしばしばあります。

今回は面倒な冷凍方法はサヨナラ!ラップで包んで保存が面倒なときの保存方法をご紹介します。

ご飯の冷凍にジップロックの袋を使うメリット・デメリット

我が家ではご飯を冷凍する際にジップロックを使っていると言いましたが、
ジップロックを使った保存方法のメリット・デメリットを考えてみましょう。

ご飯の冷凍にジップロックの袋を使うメリット

・洗って再利用することができる
ラップで包んだご飯を入れているジップロック、1度使ってから軽くすすぎ洗いをして、何度か再利用することができます。

・初期費用が低め
保存容器と違って、ジップロック袋の方が比較的低価格で買えます。
なので、試そうと思ってからのハードルが低いです。

・密封状態で保存できる
ジップロックの袋は二重ジッパーになっているので、空気を抜き簡単に密封状態で保存することが可能です。

ご飯の冷凍にジップロックの袋を使うデメリット

・ゴミになる
最近話題になっている「プラスチック問題」。
近頃は飲食店でも紙ストローを使っているお店も出てきましたね。

ジップロックもラップもプラスチックですので、環境のことを考えるとよろしくはないです。
また、枚数が多く入って販売されていることが多いジップロック。たくさんあるからついつい使いすぎてしまうこともありますね。

ただ、プラスチックごみとしてきちんと分別することで、再利用できる部分もあるため、利用できる資源は再利用できるように工夫することはできるかと思います。

・何度か使っているうちに袋が切れてしまう
メリットで洗えば何度か使えるといったものの、使用しているうちに寿命は来ます。
例えば、ジップロック保存以外で多い冷凍ご飯の保存方法といえば“保存容器”ですが、
その保存容器と比べるとジップロックは、壊れやすいと言えます。

ご飯の冷凍でジップロック袋に直接入れるのはアリ?

以上のように、ジップロックのメリット・デメリットをそれぞれ上げてみました。

やはり、ラップで包みジップロックに入れるというのは少し面倒ですよね。
ならば、ジップロックに直接炊き立てご飯をぶち込む‼
というように考えてしまうかもしれませんが、それはちょっと待ってください。
ジップロックに直接入れてしまうと、

  • ご飯は押し込まれふんわり感を残せない。
  • 空間になった部分に水分がつき解凍時、ベタベタになってしまう。
  • 毎回、洗う手間が生じる。

というようになってしまうおそれがあります。
では、面倒な手間を極限まで省き、簡単に冷凍保存できる方法ないのか・・・次をご覧ください。

ご飯の冷凍が面倒・・・この方法なら簡単!

ラップ&ジップロック方法を面倒に感じるようでしたら、専用保存容器を使うことをおススメします‼

専用保存容器を使用することで、次のようなメリットがあります。

  • ご飯を冷凍することに特化しているので、美味しく食べれる
  • ゴミが出ない

1膳ごとに保存できるものもあり便利容器は100均などで販売されている保存容器で全然OKです。
100円で複数個入っている、家計に優しい物もありますよ~

容器買って、ふんわり隙間の無いようにご飯を入れてアツアツのまま冷凍!
これでOKです。

わざわざ、高い容器を買う必要はないです。
個人的な意見ですが、あまり変わる気がしないので(笑)

もちろん、こだわりやおしゃれ間を求める方は、100均以外で買ってもいいと思います。
でも、保存容器を初めて使う!見た目気にしない!という方でしたら、100均で十分です。

どの、ショップにも似たようなものあるので、お近くのお店で見てみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ラップ&ジップロックの保存が面倒な方向けに、楽チンに保存ができる方法を紹介しました。
保存方法はたくさんあります。人によって手間をかけれる時間も違うでしょう。
手間をかけて丁寧に保存すれば美味しくいただけます。
でも、ご飯を冷凍するのに手間をかけていられない!簡単に保存したい!というへ専用容器での保存方法を提案いたしました。
ぜひぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました