IHでホーロー鍋を使うと溶けるって本当!?使っても大丈夫?

料理

私の家ではIHを使っていて、時々ホーロー鍋を使った料理をしているんです。

その話を友人にしたところ、

『IHでホーロー鍋を使うと溶けるって聞いたことがあるけど大丈夫?』

って言われました。

IHでホーロー鍋を使うと溶けるなんて聞いたことがなくてびっくりしちゃったんですよね。

そこで今回は、IHでホーロー鍋を使うと溶けるというのは本当なのか考えていきたいと思います!

IHでホーロー鍋を使うと溶けるって本当!?使っても大丈夫?

さっそく、IHでホーロー鍋を使うと溶けてしまうのか調べてみたところ、確かに、ホーローが溶けてしまい、IHを破損させてしまうことがあるようです。

ホーロー鍋や土鍋などの表面には、「うわぐすり」というものが塗られていてコーティングされている状態なんですが、これがあまりにも高温になってしまうと、溶けだしてしまうことがあるんですね。

例えば、ホーロー鍋を空焚きしてしまうと、鍋の中身の食材などに熱を伝えることができない分、鍋自体の温度がドンドン上昇してしまいます。

その結果、必要以上に温度が上がってしまってコーティングのうわぐすりが溶け出してしまうんです。

すると、溶けてしまったうわぐすりによってIHの天板であるガラストップが焼き付いてしまい、破損してしまうんです。

空焚きではなかったとしても、火力が強くてホーロー鍋が焦げ付いてしまうほどの温度です。

強い火力で調理を行ってしまうと、これも同様にIHを破損させてしまう原因になりかねません。

IHでホーロー鍋を使うときの注意点は?

もともと、ホーロー鍋は強火による調理などのような、急激な温度変化に弱いという特徴を持っています。

IHの破損を防ぐためにも、強火による加熱や空焚きは避けるようにしましょう。

加熱するときは、最初は中火から弱火で加熱を行い、ある程度長い時間煮込むときにも、弱火でじっくり加熱するようにしましょう。

私もIH対応のホーロー鍋を使っていますが、火力が強くなりすぎないように気を付けるようにしています。

その結果、これまでIHを破損させてしまわずに使い続けることができているので、空焚きと高火力に気を付けてIH対応のものを使っていれば、そこまで問題にはなりにくいと感じています。

ところで、火力などについても注意が必要ですが、ホーロー鍋の場合、かなり重さがあるので、IHのガラストップの上に置くときも注意が必要です。

思いっきりガンガンぶつかるようにおいてしまうと、重さと衝撃でIHの天板が割れてしまう恐れがあります。

ホーロー鍋の中に食べ物が入っていてさらに重さが増しているのならなおさらです。

勢いよくぶつけてしまわないように、IHの上に乗せるときには、ゆっくりと優しく乗せるようにしましょう。

まとめ

IHでホーロー鍋を使うとき、空焚きしてしまったり、高火力で過熱を行ってしまうと、ホーロー鍋のうわぐすりが溶け出してしまって、IHの天板・ガラストップを破損させてしまう恐れがあります。

これを防ぐためにも、絶対にホーロー鍋を空焚きしたりしないようにしましょう。

また、ホーロー鍋は硬くて重さもあるため、勢いよくIHの上に乗せてしまって傷つけたりガラスにひびを入れないように気を付けることも大切ですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました